お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 オンナ心に効くマンガ

もう逃げたい! 『働きマン』『進撃の巨人』……女子が仕事で凹んだときに読むマンガ6選

ファナティック

仕事でミスをしたり、上司に怒られてへこんでいると、少しでいいから現実から離れたいと思いますよね。そんなときに、マンガを読んで「もう一度がんばってみようかな」と励まされている人も多いのでは? 今回は働く女性に、仕事でくじけそうになったときやつらいときに支えにしているマンガについて聞いてみました。

■ドラマ化もされた『働きマン』

・「読んでいると、自分もがんばろうと思える」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自分も主人公のようにがんばろうと思い直せるから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

安野モヨコさんの人気お仕事マンガ『働きマン』。「30歳までに編集長になる」夢を叶えるために日々奮闘する主人公・松方弘子の姿に「私も一生懸命仕事をがんばろう」と発奮する女性も多いのでは?

■名言が染みる『ONE PIECE(ワンピース)』

・「人間関係で悩んだときに『ワンピース』を読むと励まされる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「数々の名言で自分もがんばろうと気持ちを切り替えられる」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「要所要所で元気の出る言葉が出てくるから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

仲間たちとの絆を描く尾田栄一郎さんの『ワンピース』。不器用だけど素直な言葉を持つ登場人物たちの飾らないセリフに、元気をもらっているようです。

■がんばれるマンガの代名詞『SLAM DUNK(スラムダンク)』

・「安西先生の『あきらめたらそこで試合終了ですよ…?』。まさにその通りだと思うのでがんばれる」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「無性にがんばりたくなる」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「努力は裏切らないという気持ちになるから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

井上雄彦さんの人気バスケットボールマンガ『スラムダンク』。相手がどんなに強くてもあきらめない姿勢。倒れそうになるほどキツい練習の日々。桜木たちの姿を見ていると、いつの間にか忘れてしまった「ひたむきさ」を思い出させてくれるのだとか。

■思い切り笑えるギャグマンガ

・「『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。落ち込んだときには思い切り笑うのが一番だと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「『月刊少女野崎くん』。ばかばかしいので笑ってしまうから」(22歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『お父さんは心配症』。ギャグマンガで現実逃避」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

秋本治さんの長寿ギャグマンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とアニメ化もされた椿いづみさんのコメディ『月刊少女野崎くん』も挙がりました。岡田あーみんさんの『お父さんは心配症』はいまだに「『りぼん』で読んで衝撃的だったギャグマンガ」として30代、40代の女性を中心に名前が挙がる伝説的な作品です。

つらいときはギャグマンガやコメディでじめじめした気分を吹き飛ばす! 思い切り笑ったあとは、気持ちを新たに切り替えて「明日もがんばろう」と思えるはず。

■ほっこり癒やされたい……!

・「『COJI-COJI(コジコジ)』。読むと『コジコジ』の世界観に癒やされて元気になります(笑)」(24歳/金融・証券/営業職)

・「『よつばと!』。読んでいると笑えるので癒やされます」(28歳/情報・IT/クリエイティブ職)

さくらももこさんのファンタジー『コジコジ』とあずまきよひこさんの日常系マンガ『よつばと!』。現実を忘れて、ほっこりできる日常系マンガに癒やしを求める人も。一時は仕事を忘れて、作品に流れるのんびりした空気でリフレッシュしてみては。

■まさに現実逃避!

・「『働かないふたり』。仕事が嫌になったら逃避のために読む」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『進撃の巨人』。巨人に食われるよりも社会の荒波にもまれるほうがいいと思える」(23歳/生保・損保/事務系専門職)

『働かないふたり』は、吉田覚さんの“働かない”兄と妹の“働かない”日々をつづったマンガ。「もう嫌!」となったらとことん働かない2人のマンガを読んでどっぷりと作品の世界観に浸るのもオススメです。諫山創さん原作の『進撃の巨人』はアニメ化されたほか、実写版映画の前編にあたる『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(樋口真嗣監督)が公開されたばかり。“日常”が吹っ飛ぶほどの作品を読んで現実逃避するのもいいですね。

みなさん、少年マンガのような熱いストーリーを読んで「自分もがんばろう」と思えたり、ギャグや日常系のマンガで嫌な気分を吹き飛ばしているよう。自分が今どんな状況にあるかで、心に染みるマンガは変わってくるのかも。あなたにも、そんな心の支えになるマンガはありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数144件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]