お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

金の切れ目は縁の切れ目? 親友に「お金を貸して」と言われた時の対応3つ

お金すごく信用していて仲のいい親友にいきなり「お金貸して」と言われたらどうしますか? 金の切れ目は縁の切れ目というくらいですから、お金が絡むと人間関係も変わってしまうことも多いですよね。でも親友が困っているなら助けてあげたいし……という気持ちもあると思います。今回は親友にお金を貸してと頼まれたらどう対処するのか、女性のみなさんに聞いてみました。

■理由や金額によっては親友なので貸す

・「あげたつもりで一回だけなら貸す。何度も無心するようであれば、縁を切る」(32歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「大事な友だちなら貸すとおもう。一緒に返済方法も考える」(28歳/情報・IT/営業職)

・「一番の親友なら、返ってくなくても諦められる範囲で貸す」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「困っている理由が納得いくもので、自分の貸すお金の使い道が明確なら10万まではあげるつもりで貸す」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

やはり親友が困っていたらなんとか助けてあげたいと思いますよね。しかし金銭問題にはトラブルがつきもの。なので貸すのであればもう返ってこなくてもいい範囲で貸すという女性が多かったです。やさしい方が多いのですね。

■親友であろうが絶対貸さない

・「1円も貸さない。トラブルが嫌だから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「お金でこじらせたくないので貸さない。頼まれた時点で友だちをやめる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「お金でもめると絶対縁が切れてしまうので、一番の親友だったら絶対にお金を貸したくない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お金は貸さない。貸すことが本人の為かわからない。ごはん食べるお金ないなら御飯だけおごります」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

親友だからこそお金でトラブルになりたくないので貸せないという女性がほとんどでした。どんなに仲が良くても金銭トラブルがあれば絶対に関係は崩れてしまいます。お金は貸せないけど、やはり親友なので何かしらできることはしてあげたいという女性もちらほらいました。

■書面で誓約

・「誓約書を書かせた上でお金をかす」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「少しだけならいいが多ければ誓約書を書いてもらう」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「借用書を書いてからお金を貸す」(22歳/その他/営業職)

他にも返済期限を決めるという回答もありました。確かに借用書などを事前に書いてもらえばいざという時に安心なのですが、なかなか借用書を書いてとは親友に言えないですよね…。

様々な意見がありましたが、いくら親友でも金銭の貸し借りはあまりしないほうがよさそうですね。貸しても貸さなくても以前の関係ではいられなくなってしまう可能性もあるので、もし自分がお金に困っても親友に頼るのはやめておきましょう。

(LIKAろくよん)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月3日~7月17日にWebアンケート。有効回答数250件(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]