お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

夏休みの予定、休みがない人が約四割! 休みが取れた人は、家でだらだら派が最多割合と判明

夏休みはありますか?

全研本社は、8月のお盆期間の夏休みについて、同社が運営するウェブマガジン「瓦版」で調査を行った。

【東南アジアが独占! 夏休み旅行先、人気急上昇ランキング】

期間は、2015年5月13日~7月9日。対象は、男性370人、女性385人の計755人。年代別では、20代が384人、30代が183人、40代が132人、そのほかが56人の内訳となっている。

「夏休みはありますか?」という質問のトップ回答は、「ない」で37.9%。2位は「お盆期間に3日ほど」で34.4%、3位は「1週間ほどある」で17.9%となり、下位は徐々に期間が増えていた。

4位の「有休を使って自由に取れる」は5.6%で、「10日ほどある」は3.4%だった。「海外並みのロングバケーション」は0.3%と、長期休暇をとる人も少数だが存在している。

休みの間は何をする予定ですか?

「休みの間は何をする予定ですか?」という質問に対しては、1位が「家でダラダラ」の33.9%で、2位が「近県へミニ旅行」の18%、3位が「いつもの休日」の17.9%となった。「帰省」は4.5%という比較的低い割合に止まっている。

回答者の内20代が半数以上ということもあり、そのために休みが少なく予算不足の人が結果的に多くなってしまった可能性はある。同じ理由から未婚者が多いとも予測され、行動が自分寄りになっている傾向の結果だった。

(エボル)

お役立ち情報[PR]