お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

絶対私のこと好きだよね? 女子がすぐに勘違いしてしまう男性の思わせぶりな態度4つ

恋愛において意外に障害になるのが、相手の思わせぶりな態度です。もしかして自分に好意を持っているのではないか?と思い始めたら最後、その男性が気になって仕方がなくなるという女性も多いのではないでしょうか。そんな勘違いを生んでしまう男性の思わせぶりな態度について、社会人の女性に聞いてみました。


■親しげな態度

・「下の名前で呼ばれること。案外、こういう人は誰にでも同じことをしていたりする」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「大した用事がないのにメールやラインを送ってくる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

冷静に考えればそれほど親しくもないのに積極的にコミュニケーションを取ろうとする男性がいます。女性はそれをつい自分への好意からくる態度だと受け取りがちですが、数打ちゃ当たるという気持ちでやっていることもあるので注意が必要です。

■積極的に女の子扱いする

・「何かあったら俺に相談しろよ男。頼りになるふりして近づこうとしているのが見え見え」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

・「頭ポンポン」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

こうすれば女の子にモテる、ということがわかっている男性が取る態度です。女の子にとって弱い言動で巧みに相手を振り回します。彼氏でもない男性に、頭をポンポンされてときめいてしまうことのないよう気を付けましょう。

■女性を褒める

・「『かわいいね~』とか『素敵だね~』とかさり気なく褒めてくる」(32歳/不動産/専門職)

・「普段と雰囲気が違う感じで褒める」(28歳/生保・損保/営業職)

相手の気分をよくして、自分へ好意を向けさせる男性もいます。「褒める」と「おだてる」は紙一重。外見を褒められてうれしいのはわかりますが、内面を褒めてくれる男性の方が信頼がおけることは確かです。

■お誘い

・「二人っきりでドライブデートに誘ってくる」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「夜に電話してきたり、二人での食事に誘ってくる」(32歳/金融・証券/営業職)

一般的には、下心なしで食事に誘ってくる男性はいないと思われますが、それが好意からくるものかどうかは別です。デートに誘われてはやる気持ちはわかりますが、まずは2人の関係性を冷静に分析することも大切です。

男性の思わせぶりな態度は時に女性を傷付けます。意識してそのような態度を取っている男性もいますし、中には無意識に思わせぶり男になってしまっている、生粋のモテ男も存在します。いずれにしても相手が本気ではないのに、こちらが熱を上げるのは避けたいところ。浮かれていたら落とし穴にはまってしまったということのないよう、思わせぶりな態度をしっかりと見極めましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]