お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今月も使いすぎたわ~ 浪費家女子の給料前あるあるエピソード5選

ファナティック

浪費家女子の給料前あるあるエピソード浪費家女子にとって、給料日は一カ月のうちで一番幸せな日であり、給料日前の一日は一番辛い日でもあります。一カ月前はあれだけ羽振り良く使っていたのに、給料日前はお金がなくてランチすら食べに行くことができない、そんな浪費家女子のあるあるを、社会人の女性に聞いてみました。

買い物の頻度が激減

・「スーパーなどによらずに買い物をしない」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「お金がなくて食材が買えないので、冷蔵庫の中にある食べ物で必死に食いつなぐ。お米はたくさんあるので、卵かけごはんをしたり、なめたけや納豆かけて食べたりしました」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

支払うお金がないのですから、買い物に行くことすらできません。日に日に寂しくなっていく冷蔵庫の中身を見つめながら「給料日まであと○日」とつぶやいて暮らす……浪費家女子のあるあるです。

食べ物の質が低下

・「カレーを大量に作って3日過ごす」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「昼食はおなかが一杯になるコッペパンを食べます」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

給料日前は勘違いダイエッターのような単食生活を送る浪費家女子。体には決してよくはありませんが、安くておなかが満たされる炭水化物で何とか食いつないでいる様子。早く健康的な食生活に戻りたいと願いながら……。

自炊の頻度が激増

・「とにかく何でもいいからお昼に食べるものを自炊していく。外出はなるべく定期券範囲内で済ます」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「毎日ペペロンチーノスパゲティばかり作って食べていました」(33歳/医療・福祉/・専門職)

給料日後は外食ばかりだったのに、うって変わって急に自炊派に転向。冷蔵庫に残っているわずかな食材も見逃さず、給料日までお弁当作りに精を出します。

貯金を使う

・「財布の中に50円ぐらいしかないので、缶コーヒーすら買えない。そして貯金箱から、お金を取り出す」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「貯蓄用の口座に手をつける」(28歳/建設・土木/販売職・サービス系)

欲しい服や鞄、いつか行く旅行のために貯めていた貯金……そんな夢も金欠女子の前には無意味。でもこれでは貯金は減るいっぽうですね。

引きこもる、もしくは家から出る

・「給料日までは極力お金を使わないように、家で過ごす」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「水道光熱費をうかせるため、自宅ではなるべくすごさない」(25歳/情報・IT/技術職)

どんなに節約していても、人間、生きているだけでお金を使ってしまうものなのです。そんなときの避難場所としてうってつけなのが公共機関。図書館やスポーツ施設などを利用して快適に給料前を乗り切ります。

浪費家女子の給料前あるあるを見ていただきました。どうでしたか? あなたはいくつ当てはまったでしょうか? 意外にドキリとすることがあった人もいるのでは? なんだかんだでたくましく給料前を乗り切っている金欠女子ですが、真似はしないようにしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数227件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE