お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男心を覗き見! ある日突然、女友だちへの「LIKE」が「LOVE」に変わった瞬間4選

ファナティック

仕事中キスしそうな外国人男女「ただの男友だち」だと思っていた相手が、ある日突然「好きな人」に変わった経験はありませんか? 女性だけでなく、男性たちにもそんな経験がありそうです。そこで、男性のみなさんに、女性に対しての気持ちが「LIKE」から「LOVE」に変わった瞬間について聞いてみました!

相手から、アピールされて……

・「相手から告白されたとき」(26歳/電機/技術職)

・「好意を寄せられてたら」(23歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「好きと相手の気持ちがわかる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

相手の女性が自分のことが好きだとわかったとき、自分の気持ちにも大きな変化が訪れるようです。女性からの告白、かなり大事なポイントになっていますね。

守ってあげたい! と思った瞬間

・「守ってあげたいと思ったとき」(38歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「この人を守りたいと思ったとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「守りたくなったら、愛だと思います」(33歳/機械・精密機器/技術職)

好きな女性のことを守ってあげたい、と思うのは、ある意味男性の本能的な部分かもしれません。そう思えた瞬間に、男性たちの気持ちの中では相手の女性への気持ちが「LOVE」に変わっていることを確信するのかもしれませんね。

一緒にいたい、と思った自分に気づいて……

・「別れた瞬間に寂しくなるとき」(38歳/通信/技術職)

・「一緒にいたいと強く思うとき」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「もっと長い時間、一緒にいたいと思ったとき」(31歳/電機/技術職)

ずっと一緒にいたいと思ったとき、という回答も多いようです。好きな女性とは少しでも長く一緒にいたい。そう思うのは自然なことですよね。

気持ちが通じあったとき

・「何か気持ちが通じあっているな、と思えたとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「共有感や一体感を感じたとき」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「自分のことを理解してくれていると気がついたとき」(27歳/情報・IT/技術職)

自分の気持ちが相手に伝わっていると感じることは、とてもうれしいものですよね? そんな瞬間に、男性たちも恋に落ちてしまうものかもしれません。

男性たちの気持ちが「LIKE」から「LOVE」に変わるときには、何かしら大きな心の動きが起こっているようです。女性の何気ない言葉やしぐさが、そうさせるのかもしれません。ドキッとしたときに気持ちが「LOVE」に変わるのは、女性も男性も同じかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE