お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が付き合いたくない「清潔感のない女性」の特徴って?

ファナティック

女性が男性を選ぶ際、最低限の条件としてあげるのが「清潔感」でしょう。でも男性にとってもそれは同じこと。清潔感のない女性は、いくら美人でもお断りされてしまう危険性があります。ここでいう「清潔感のない女性」とは具体的にどんな状態を言うのか、男性にアンケート調査を行いました。

■ヘアケアは清潔感が命!

・「髪を洗わずフケが見える。髪が洗えないと言うことはすべてが汚そう」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「髪がぼさぼさ。手入れができていないのでほかもだらしなさそう」(31歳/電機/技術職)

・「ボサボサ頭で、肌が荒れている。肌が荒れていたり、髪がボサボサだと身だしなみがされていなく不潔に見える」(31歳/その他/その他)

男性の意見で特に目立ったのが、髪の美しさでした。化粧をそこそこキレイにしていても、髪の毛がぼさぼさだと荒れた生活に見えてしまうのでしょう。また、忙しくて冬場に数日頭を洗っていないと、見た目でベタベタ感がわかるようになってしまいます。男性は案外女性の髪の毛をよく見ているということがわかりました。

■肌荒れは必死で対処しなきゃ

・「肌が荒れまくっている。不衛生な生活をしてそうだから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「脂ぎってる人はだめです。白くて透き通るような肌の人が好きなので」(35歳/通信/事務系専門職)

・「メイクが汚く清潔感がない」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「ムダ毛処理ができていない。不潔に感じる」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

女性はツルツルした肌だという思い込みがあるようで、確かにテレビなどで見かけるタレントさんの肌はほとんどが美しいです。女性だってキレイな肌でいたいと思っていますが、なかなかスキンケアにお金をかけられなかったり、生活が不規則だったりして難しいもの。でも男性にここまで見られているなら、もう少しスペシャルケアを追加したほうがいいのかもしれませんね。

■服装がだらしないのはバツ

・「しわのついた服を着ていたり、ねぐせがついていたりする。気をつければ直せるような身だしなみがきちんとできていないから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「ハンカチを持っていない。どこでふいてるか気になる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「爪が汚い。手入れができていなさそう」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「服にシミが付いている。何かみっともないしダサい」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

服装と言うと女性は、清潔感よりもオシャレを優先させてしまうかもしれません。でも男性にとっては清潔な普通の服装が一番好感触なのかもしれませんね。普段持ち歩くハンカチや、細かいところではネイルにも、清潔感を大切にして心配りをした方がよさそうです。

■ニオイケアは女性のたしなみ

・「髪やからだのニオイが気になる。ずぼらな性格かと疑ってしまうし、女性として魅力を感じなくなるから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ワキ汗がすごい。強烈なニオイがすることがあるから」(38歳/通信/技術職)

・「嫌なニオイがする。一緒にいてつらいと思うため」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

柔軟剤やハンドクリームなどに香りが付いているものが多くなったためか、自分が発してしまう汗のニオイなどに鈍感な女性がいるのかもしれません。汗をかいたらすぐに拭く、制汗剤を持ち歩くなど、ニオイケアを今一度確認してみましょう。クロゼットのニオイも気にした方がいいかもしれません。

男性が思う清潔感のある女性とは、すごく特殊なことをしてほしいというわけではないことがわかりました。普通にお風呂に入り、スキンケアとヘアケア・ヘアセットに少し時間をかけ、服をていねいに着ることで何とかなりそうです。忘れがちなニオイケアも、自分にあうケア用品を見つけたいですね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数90件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年07月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE