お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性に聞いた! 結婚後の奥さんの理想の働き方は⇒「正社員で働き続けてほしい」69.4%!

ファナティック

夫婦共働きも珍しくはない現代。実際のところ、奥さんにはどのように働いてほしいのか、社会人の男性に聞いてみました。

Q.結婚後の奥さんの理想の働き方について教えてください。

正社員で働き続けてほしい 69.4%
パートやアルバイトなど、ペースを落として働いてほしい 19.4%
専業主婦になってほしい 6.5%
※その他は除く

多くの男性が、正社員で働き続けてほしいと思っているようです。それぞれの理由を見てみましょう。

■正社員で働き続けてほしい

・「子どもの教育資金やマイホームのお金を一緒にためて、人生の後半でゆっくりしたい」(32歳/機械・精密機器/営業職)

・「ずっと家にいると気が抜ける場面がないですし、仕事をしている方が輝いていると思うので」(32歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「社会とつながっていたほうが自身のためと思う」(29歳/機械・精密機器/技術職)

キャリア志向の女性にはうれしい回答のように感じますが、実際は家事や育児をこなしながら正社員として仕事にも精を出すのはかなりの負担です。モチベーションを維持できるものがあれば結婚後も思う存分働くことができるでしょう。

■パートやアルバイトなど、ペースを落として働いてほしい

・「家にいられる時間を確保しつつ、収入もあるから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「共働きでないと生活が厳しいが、仕事は軽めにして家のことを多めにやってくれたら助かるから」(30歳/情報・IT/技術職)

・「正社員で働くと、お互いに心に余裕が持てなくなりそう。扶養に入って、年間100万円以下の仕事で十分生活していけると思う」(27歳/自動車関連/技術職)

家庭の仕事もこなしつつ、外からの収入もある程度得られるように、雇用形態を変えて働いてほしいと考える男性の意見です。女性にとってもバランスがいい働き方なので、以前はこのスタイルが多く見られました。

■専業主婦になってほしい

・「子どもが出来たら子育てをしっかりして家庭を守ってほしいから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分の稼ぎが少ないため働いてもらわないと困るかもしれないが、本当は専業主婦になってほしい」(32歳/電機/技術職)

男性にとって妻が専業主婦であることは自分のかい性を世間にアピールできることでもあるようです。また、結婚後も仕事で出世していきたい男性にとっては、家のことを気にせずに気兼ねなく働けるよう、サポートしてほしいと感じている場合もあります。

近年は、企業側も産休や育児休暇制度を設けているところが増えてきました。結婚や子どもが生まれたことで女性がキャリアを諦めなければいけない時代ではありません。ですが、男性よりも体力がない女性にとってはその忙しさに体が耐えうるかどうかのほうが問題です。妻としても一人の社会人としても充実した日々が送れるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年5月にWebアンケート。有効回答数108件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE