お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

フォロワーが減ってくのはなぜ!? Instagramでフォローを解除される3つの原因

ファナティック

自撮り写真

すっかりおなじみとなったSNS「Instagram(インスタグラム)」。世界中の人たちと手軽に写真でコミュニケーションがとれるという楽しさもあり、最近では情報感度の高い男女に大人気の様子。ただ、いざ始めてみるとフォロー中の人が、似たような写真を連投したり、興味のないものばかり投稿されると、思わずフォローを解除したくなること、ありませんか? 今回はInstagramユーザーの女性たちに、「フォローを解除したくなる瞬間」について、聞いてみました!

興味のない写真ばかりアップする

・「内容がおもしろくないなど」(23歳/その他/事務系専門職)

・「自分にとって魅力的な写真が減ったとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「興味がない写真ばっかりアップするようになったら」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「写真に個性がないと感じたとき。見る価値がないとき」(28歳/情報・IT/営業職)

写真投稿がメインのInstagramですから、投稿されている写真に興味がなくなったらフォローしている意味なしということで解除する人は多いようです。ファッション中心に投稿している人のアカウントを「参考になるな」と思ってフォローしたのに、子どもが生まれたら、子どもの写真ばっかり……、なんてこともありますよね。

投稿が多すぎて面倒くさい

・「投稿がウザい」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「しつこくて、めんどくさくなったとき」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「見ていてもいいと思わなくなった、または頻度が多すぎてほかの写真を見られないとき」(32歳/医療・福祉/専門職)

ほかのSNSにも言えることですが、同じ人が連続で投稿しているのってちょっとウザいなと思ってしまうことも。見たい写真を多く投稿してくれるユーザーなら、むしろうれしいのですが、どうでもいい写真ばかりを投稿されると、思わずフォローを解除したくなるものです。

こんな写真、何で載せるの!?

・「不快な写真が多い」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ワンパターンな投稿、自己中な投稿が続くこと」(32歳/医療・福祉/専門職)

投稿する写真がワンパターンで「これ、前にも見たな」というときや見ているだけで不快な気分にさせられるような写真を投稿するユーザーも即刻解除対象に。フォロワーが増えると「みんな、私の投稿がみたいのね!」と思い上がってしまって自己中心的な投稿が多くなることもあるので、そうなったら解除しようと思う女性もいるようです。

まとめ

写真中心とはいえ、ほかの人と繋がることを前提としたSNSなのに独りよがりな投稿ばかりだとウンザリしてしまうものですよね。あ、これ自分もやってるかも、と心当たりがあった方は、そのポイントに気をつけてみるとフォロワーが減るどころか、増えるかもしれませんよ?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数216件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE