お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

これで見た目●kg減!? 女子が実践している「着やせテクニック」4つ

ファナティック

とても細く見える女性の実際の体重を聞いてびっくりした経験はありませんか? とてもその体重とは思えない、スリムで華奢な体つき、それはもしかして着ている服のせいかもしれません。みんなが実践している着やせテクニックを、社会人の女性に聞いてみました。

■痩せているパーツを強調する

・「鎖骨周りがやせているので首周りを見せる」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「手首や足首を出す」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

着やせファッションにおいて、首・足首・手首の三つの首は重要な役割を果たします。細さが際立つパーツだからこそ、上手に見せて隠れているところも細いんだろうなと思わせましょう。鎖骨に自信がある人は、ボートネックなどで女性らしさを強調してみては?

■気になるところは徹底カバー

・「骨盤が張っているから、パンツは履かずにスカートばかり履いている」(28歳/金融・証券/営業職)

・「ワンピースなどぶかぶかのものを着る」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

気になるところをあえて強調する必要はありません。形がわからないような服でカバーしてしまうのも一つの手です。ですがあまりにカバーすることに走りすぎると、オーバーサイズの服を選びがちになります。サイズが合わないのは逆に太って見えることもあるのでご注意を。

■目の錯覚を利用する

・「足が細く見えるストッキング。ちょっと細く見えます」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「胸が大きいのでウエストの細さを強調する」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

近頃は目の錯覚を利用したファッションアイテムがたくさん出ています。脚を細く見せるには、レッグウェアの素材感や柄も重要な役割を果たします。豊満なバストの持ち主さんはウエストマークでくびれを強調すると着やせだけではなく女性らしさも演出できます。

■ジャストサイズの服を選ぶ

・「自分の身体にあった服を着るとスタイル良く見える」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「なるべくジャストフィットなサイズの服を着る」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

服選びはこれが一番大切かもしれません。いくらデザインが気に入っても、サイズが合わないようなら無理に購入することは避けましょう。しっくりとくるサイズ感は痩せて見えるだけではなく、洗練された印象を与えることができます。

着やせに頼って実際のボディケアを怠ることは考えものですが、逆にいくらスタイルがよくてもサイズが合わなかったり、デザインが個性に合っていない場合はスタイルの良さが台無しになってしまいます。自分に合うサイズや色、形をしっかりと把握することが着やせへの近道と言えるでしょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数203件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE