お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

あぁ、ムカつく! 梅雨どきの通勤で、たまらなくイライラすること3つ

鈴木夏希

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

梅雨の時期は湿度が高くて大変な季節ですよね。特に、密閉された電車内はジメジメとした空気が漂っていて、ストレスを感じたことがある人もいるのではないでしょうか。働く女子のみなさんに、梅雨どきの通勤でイライラすることを聞きました。

■髪のイライラ

・「朝に髪をコテでふんわりセットしても、会社に着くころには、汗と湿気でぺたんこストレートに。セットし直すために、この時期は会社にもコテを常備している」(29歳/メーカー)

・「普段はブローで伸ばしている顔まわりの髪の癖がウネウネと出てきて、鏡を見るたびイライラする」(30歳/介護)

セットしても崩れるし、癖は出てくるし……。ヘアスタイルを楽しみたい女子にとって、梅雨場は試練ばかりです。

■足元のイライラ

・「雨の日はレインブーツを履いて行く。雨で濡れなくて快適なんだけど、それは外を歩いているときだけ。満員電車は蒸し暑くて、足元のレインブーツがとにかく蒸れて不快!」(27歳/デザイナー)

・「電車内は床がすべりやすくなっていてイライラ。ラッシュの電車だと、気をつけながら歩くのが難しい」(30歳/広告)

膝まであるレインブーツだけでなく、最近では、雨の日対応パンプスなども登場しています。レイングッズをうまく使いこなしてイライラを軽減したいものですね。

■傘マナーのイライラ

・「通勤ラッシュの混雑の駅や階段などで、傘を横持ちして歩く人! 危なっかしくて困る!」(25歳/不動産)

・「満員電車で、誰かの傘からしたたる雫が自分の足にボタボタと垂れてくることがある。混んでいて誰の傘からだかわからないし、身動きもとれないし……」(28歳/美容)

傘の扱い方に、意外とその人の本性が見えるものですよね……。

ただでさえ雨が降ると気分が重くなるのに、通勤中にもイライラポイントがたくさん……。雨の日は家でゆったり過ごせればいいのですが、働いていると当然そうもいきませんよね……。あなたは、梅雨どきの通勤でイライラすることはありますか?

※画像は本文と関係ありません

(鈴木夏希+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]