お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

今ではすっかり“大人の男”! 「子役時代から活躍し続けていると思う男性俳優」11

Mina/OFFICE-SANGA

今まで気にはなっていたけれど、“詳しくは知らない”、“どんな内容なの?”と疑問に思っていたさまざまなエンタメ情報をご紹介! スキマ時間に読んで、女子会や飲み会での話題にも♪

芸能界では、大人と同じように活躍している子役が大勢いますよね。自分が小さいころ、テレビに出演している同世代の男の子にあこがれた経験を持つ人も少なくないのでは? そんな子役の年齢から活躍している人も年齢を重ねるとともに、大人の男性に。そこで今回は、子どものころに芸能界デビューをし、「大人になっても芸能界で活躍し続けていると思う男性俳優」について、女性のみなさんに聞いてみました。

Q.子役の年齢のころに芸能界デビューし、大人になっても芸能界で活躍し続けていると思う男性俳優は?
●1位/神木隆之介……34.9%
○2位/えなりかずき……19.0%
●3位/ウエンツ瑛士……10.1%
○4位/三浦春馬……6.6%
●4位/伊藤淳史……6.6%
○6位/小栗旬……5.0%
●7位/濱田岳……3.1%
○8位/染谷将太……1.9%
●8位/柳楽優弥……1.9%
○10位/中尾明慶……1.6%
○10位/須賀健太……1.6%
※単一回答式・12位以下は省略

◆1位 神木隆之介
・「少年っぽさを残した、キレイな青年として活躍している」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「昔から存在感があった」(27歳/商社・卸/事務系専門職)
・「小さいころもかわいかったけど、今も男前な演技派俳優に成長してよかった」(29歳/その他)

◆2位 えなりかずき
・「『渡る世間は鬼ばかり』で本当に小さいころからしっかりした演技で強烈に印象に残っています」(32歳/クリエイティブ職)
・「子どものころのイメージを崩さず、活躍している」(33歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
・「変わらずTVに出ている」(25歳/学校・教育関連)

◆3位 ウエンツ瑛士
・「『天才てれびくん』のときから見ているため応援したくなる」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「歌手からバラエティまでこなす」(29歳/自動車関連/技術職)
・「今や『スッキリ!!』など自分のコーナーを持っいて、てすごいと思います」(26歳/医療機器/営業職)

1位は神木隆之介さんでした! 2歳で芸能界入りし、2005年に主演を務めた映画『妖怪大戦争』では、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。今年10月公開予定の映画『バクマン』では佐藤健さんとW主演を果たすなど、演技派俳優として活動を続けています。小さいころから見ているので、親のような気持ちで見守っている、という人もいるかもしれませんね。

2位にランクインしたのは、3歳の時に子役デビューしたえなりかずきさん。『渡る世間は鬼ばかり』でお茶の間の人気者となり、幅広い年齢層から支持を得るように。子役のころから変わらぬイメージで、テレビに出続けている印象の強い人ですね。

3位はウエンツ瑛士さん。4歳でモデルデビューし、NHK教育(現Eテレ)の子ども番組『天才てれびくん』に5年間レギュラー出演していました。今年2月には小池徹平さんとのユニット「WaT」が5年ぶりに再始動することを発表し、ますます活躍の幅が広がりそう。

子役時代から見続けている俳優には、親近感を覚えますよね。あなたのお気に入りの俳優はランクインしていましたか?

(Mina/OFFICE-SANGA)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にwebアンケート。有効回答数285件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]