お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

おごる気だったけど…… 食事後、男性に支払いをためらわせる女子の特徴4つ

ファナティック

支払い男性と親しくなってくると、自然と「食事に行こうか」という話になったりするもの。そんなとき、男性は基本的に支払いは自分がするものと思って誘うことが多いでしょう。ですがその気持ちを揺るがせる行動を取る女性もいます。おごりたくないなと思わせてしまう女性の特徴を、社会人の男性に聞いてみました。

おごってもらう前提の態度

・「おごって当然という感じで、お礼も言わない」(38歳/情報・IT/技術職)

・「高いものでもバンバン遠慮なく注文している。ちょっとは遠慮せいと思う」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「ケチな女性。一切お金を払う気がなさそうな女性」(28歳/情報・IT/技術職)

男性もおごる前提ではいますが、それがあからさまに態度に出ると支払う気が失せるという意見が多いようです。特に自分は支払わない前提の注文のしかたや、会計時にお財布さえ出さないなど、感謝の気持ちがまったくない態度は評価をぐっと下げてしまいます。

期待外れの食事だった

・「会話がはずまなかったとき」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「食事だけのために利用されてると気づく」(22歳/情報・IT/技術職)

・「料理に文句をつける」(29歳/機械・精密機器/技術職)

男性は女性との食事にある程度の理想を求めます。実際に食事に行ったのはいいけれど、その食事に何の意味も見いだせないと、期待外れの無駄な出費になってしまいます。楽しい時間に対して金銭を払うのは気にならないのに、つまらない時間にお金を使うのがもったいないのは当然です。

食事のマナーが悪い

・「くちゃくちゃ音を立てて食べる人はダメです」(35歳/通信/事務系専門職)

・「携帯をいじりながら食べる、言葉使いが悪い、文句ばかりいうのはちょっと……」(31歳/食品・飲料/技術職)

食事の仕方が下品な女性に幻滅してしまうのも無理はありません。食事をするときは日頃からの生活態度が現れるので、取り繕っても簡単に見透かされてしまいます。こういった事態を避けるには、日ごろからマナーを守るように心がけるしかありません。

感謝の気持ちがない

・「社交辞令でのありがとうすらなくて、あからさまに上から目線の女性」(25歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「調子にのる女性」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

男性に食事に誘われたからといって、調子に乗ってはいけません。一緒に食事することができてうれしい、楽しいという気持ちが感じられない女性は、次も誘おうとは思わないのが男性です。おごってもらっても、割り勘でも、ありがとうの言葉だけは忘れないようにしましょう。

男性との食事は、女友だちとの食事とはまたちがったマナーが必要です。また、自分が乗り気ではないのにおごってもらう目的で誘いに乗るのも相手にとっては失礼なこと。お互いに楽しく食事をするためには、相手への気使いが何より大切です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月1日~15日にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE