お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本当は声が聞きたいけど…… 彼への電話をためらって、妥協メールする女子の心の叫び4選

ファナティック

電話をためらう彼とはもちろんですが、ちょっといい感じになった気になる人の声が無性に聞きたくなることってありますよね。でも電話する勇気がなくてためらってしまう女性もいるようです。今回は、彼や気になる人に電話するのをためらったことがありますか?」と女性のみなさんに聞いてみました。

Q.彼氏や気になる人と、ホントは電話で話したいけど、ためらってメールを送るだけにしたことはありますか?

「ある」27.4%
「ない」72.6%

7割の人が「ない」と回答しましたが、3割の人は「ある」と回答する結果となりました。なぜ、電話をためらってしまったのでしょうか? その理由を聞いてみましょう。

重たいオンナだと思われたくない

・「電話をするとすごく重たいかなと感じ、かんたんなメールにしたことがあります」(31歳/その他/その他)

・「しょっちゅう電話するのは重そうだから」(29歳/その他/その他)

「電話すると重たい女だと思われそう」という理由です。たまにならいいかもしれませんが、しょっちゅう電話するのは相手のことを考えると気が引けてしまいますよね。

電話は緊張するから

・「電話は何をしゃべっていいか緊張するので、伝えたいことを入念に文を練ってメールにした」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「緊張するから。相手のことを思いすぎて、迷惑じゃないかとか、嫌われたくないとかあれこれ考えてしまってしゃべれなくなる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

彼ならともかく相手が「気になる人」だと、電話は余計に緊張してしまいますよね。電話はその場での会話力が試されるので、落ち着いて伝えたいことを考えてメールで送るのもいい方法かもしれません。

会話が途切れたらどうしよう

・「話が途切れたときに、どうしたらいいか分からなくなるから」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「会話が途切れたら、空気に耐えられそうにないから」(30歳/金融・証券/営業職)

電話で怖いのが「急におとずれる沈黙」。会話がつづかなくて、沈黙を破るための言葉も見つからないと長い無音状態になってしまいます。顔が見えない分、どうしていいかわからなくなってしまう人が多いようです。

相手の時間を拘束してしまうから

・「電話だと時間をとってしまうから」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「電話だと時間を拘束するから」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

話が弾むと、電話している時間がついつい長くなってしまいますよね。自分の時間もそうですが、電話は「相手の時間を拘束してしまうから」という理由でメールにした、という人も。確かにメールなら、都合のいいときに読めるので電話より気楽かもしれません。

本当は声が聞きたいけどいろいろな理由でためらってしまい、メールにしてしまう人もいるようです。「電話は時間を拘束してしまう」という理由は、まだ携帯にメール機能がなかった時代を思い出します。コミュニケーションツールが多種多様な現在ですが「電話」というのはその中でも昔から生き残ってきたツールです。最初にメールなどで聞いてから電話する、という方法が無難かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月1日~15日にWebアンケート。有効回答数230件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE