お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう耐えられない……! どうにもならない睡魔に襲われたとき、働く女子が実践している乗り切り方12

ファナティック

オフィスでパソコンに向かい、作業をしていると、突如として襲いくる「睡魔」。あらがいがたい魅力ではありますが、いきなりオフィスで眠るわけにはいきません。そこで、今回はたたく女子たちにそんな「睡魔」に襲われたときどうするか教えてもらいました。

■飲み物、食べ物ががっつり目を覚ます!

・「栄養ドリンクを飲む。これすごい効きます!」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ミンティアを食べる」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「濃いめのコーヒーを飲む」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「カカオ含有率の高いチョコを食べる 高ポリフェノールの作用で目がさえる」(33歳/医療・福祉/専門職)

カフェインは睡魔対策にもってこいです! しかし、飲みすぎは体を壊すもと。飲む量を自分でしっかり管理して、いざというときに飲みましょう!

■気分転換すれば大丈夫!

・「シャワーを浴びたり、少し外に出たりして気分を変える」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「冷たい水で洗顔する」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「軽いストレッチ」(24歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「ウォーキングをして血行を良くすると目が覚めます」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

冷たい水で顔を洗ってすっきりしたり、運動で汗をかいたりするのも効果的です。時間が許すのであれば色々試してみましょう。

■駄目なものは駄目! 寝る!

・「休日に気が済むまで眠ること」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「一人でトイレに入り3分でいいから目を閉じる」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「休み時間など5分でも机に伏せて寝る」(30歳/通信/事務系専門職)

・「一度起き上がって寝る以外のことをする。それでも眠かったらもう寝ちゃう」(28歳/その他/秘書・アシスタント職)

何をしても眠いのであれば、とにかく眠ってしまうのも手です。ほんの短い時間でも、目を閉じれば、だいぶ楽になります。

あらがえない睡魔というのは確かにあります。そのまま眠ることができる状態であればいいですが、なかなかそうはいかない……寝るわけにはいかない状況に落ちいったときは、ぜひ上記の方法を活用してみてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数260件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE