お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

家計のことを考えると……。結婚後、妻に「働いてほしい」と回答した男性は78.4%

ファナティック

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

夫婦共働きが珍しくない世の中になりましたが、男性は実際のところ、結婚後も女性が働くことについてどう思っているのでしょうか? そこで、男性のみなさんのホンネを調査してみました。

Q. 結婚したら、自分の奥さんにはどちらかといえばどうしてほしい?
働いてほしい……78.4%
専業主婦になってほしい……21.6%

「働いてほしい」と回答する男性のほうが多い結果となりました。それぞれの意見をくわしく見てみましょう。

■「働いてほしい」と回答した男性の意見

・「自分の収入では養うのは無理かなと思うので」(31歳/電機/事務系専門職)

・「最初はダブルインカムで、経済的な余裕が欲しい」(23歳/機械・精密機器/営業職)

・「専業主婦のほうがいいが、現実問題、金銭的にきびしい」(28歳/自動車関連/技術職)

・「家計を少し助けてくれると精神的負担が減る」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「無理にということではないが、社会との接点はあったほうが基本的にいいはず」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

やはり、「2人で稼いだほうが、家計がラクになる」という意見が多かったです。何ごともお金がかかる世の中、お金はないよりあるに越したことはありません。また、専業主婦になり、世界が狭まってしまうことを懸念している男性もいますね。

■「専業主婦になってほしい」と回答した男性の意見

・「子どもの面倒を見てほしいから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「家事をまかせられるから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「本当は家にいてほしい。でも稼がないとお金がないと思う。葛藤している」(32歳/電機/技術職)

・「専業主婦は大変だから、しっかりと家事をこなしてもらいたい。仕事もやるとなると、絶対に中途半端になる」(28歳/情報・IT/技術職)

共働きがスタンダードになりつつあるとはいえ、いまだに「家庭を守って、子どもの世話をしてほしい」と思っている男性もいるようです。男性ひとりの稼ぎで家計に余裕があり、女性側も納得しているようであれば、これもライフスタイルの選択肢としてアリなのかも。

共働きを希望する男性のほうが多い結果となりましたが、もし結婚後も共働き……ということであれば、家事を協力し合ってこなしたいと思うもの。家事がどちらか一方に偏るなんてことは、避けたいですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年3月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳〜39歳の社会人男性)

※この記事は2015年04月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE