お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

正解ですか? 男が考えた、彼女の機嫌を直すために使える4つの方法

ファナティック

彼とケンカしたときってどのように仲直りをするか、カップルによって、二人の「ルール」はさまざまです。「いつも彼が折れてくれる」という人もいれば、「私が謝って終わる」という人もいるでしょう。そこで今回は、ご機嫌ななめの女性をなだめる方法を、男性たちに聞いてみました。

■おいしいものでごまかされてくれないかな?

・「おいしいものを買う。多少は機嫌がよくなるので」(30歳/金融・証券/専門職)

・「甘いものを食べる。なんだかんだで笑顔になるから」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「ランチに誘う。おいしいものを食べれば怒りも収まるかなぁと思うから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「おいしい料理のお店を紹介する、連れて行ってあげる。おいしいモノを食べると、怒っていても心が穏やかになるので」(27歳/自動車関連/技術職)

女性の本能なのでしょうか。甘いものや、おいしいものをさし出されると、コロッと機嫌が直ってしまう人って少なくないですよね。「ご機嫌取りなのはわかっているけど……」と悔しい思いをしながらも「まあいいか」と許してしまうのでしょう。

■喜んでくれることをする!

・「相手の言うことに同意する。そうすれば機嫌が直ると思うから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「最初に謝って少し間を空けてもう一度謝る。時間が解決だが、謝った事実は作る」(30歳/電機/技術職)

・「料理をしてあげる。家事を率先する。相手の喜ぶことをしてあげる」(28歳/情報・IT/技術職)

・「間を空けてから彼女のほしがっていたものを渡す。相手の怒りを落ち着けてから喜ばせるのがいいのかなと思う」(28歳/医療・福祉/専門職)

男女問わず、相手の喜ぶことをすることというのは、機嫌を直すには効果絶大です。機嫌が悪い彼を甘やかしてあげた経験がある人もいることでしょう。

■気持ちごと抱きしめる

・「ハグしてかわいいと言ってあげる。喜ぶ人が多い」(36歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「抱きしめる。触れ合うと怒りの感情が若干おさまる(科学的に)はずなので。オキシトシンという物質がでて安心するらしいので」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「ぎゅっと抱き締める。おとなしくなるから」(30歳/情報・IT/技術職)

好きな人に抱き締められたら、多少機嫌が悪くても、きゅんとときめいてしまうもの。男性たちもこのことをちゃんとわかっているのでしょうね……。

■謝らないと始まらない

・「しっかりと悪い点を謝る。素直に謝るのが一番だと思う」(32歳/情報・IT/技術職)

・「取りあえず謝る。謝って機嫌を取るといい」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「話を聞く。話したいのだと思うから」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

何はともあれ、誠実に謝られたら、許さないわけにはいきません。多少のことであれば、彼が申し訳なさそうに謝った時点で「許してあげなきゃな……」と女性の心の中にはちくりと痛むはず。

男性たちが考えた女性の機嫌を直す方法、いかがでしたか? 「私はこんなことじゃ許さない!」と思う人もいるかもしれませんが、「彼女の機嫌を直したい」という男性の気持ちだけは、ぜひくんであげてください!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年3月20日~30日にWebアンケート。有効回答数82件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年04月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE