お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性のホンネ! 好きな女子にかまってほしい…… 男性の子どもっぽいイタズラ心4つ

背中合わせの男女

好きな子にイタズラをしてしまう男心、学生くらいで終わりかと思っていましたが社会人になった今でもしてしまう人がいるよう。なぜ、イタズラしてしまうのか男性に聞いてみました。

かまってほしい

「好きな人には自分にかまってほしいようなアピールをしつついじる」(32歳/小売店/事務系専門職)

「かまってほしいので反応が返ってくるような話をする」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

好意があるからかまってほしい、そんな思いからイタズラをしてしまう方がほとんどのよう。ちょっとドキっとするイタズラならいいですが、度の過ぎたイタズラが逆効果になることもありますので注意してほしいものです。

個性がかわいい

「わざと相手の弱点をいじってみる」(23歳/通信/技術職)

「天然なひとをついからかってしまう」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

かわいいと思っているから意地悪してしまうのが男心らしいです。嫌いな人ならいじったりしないで無視するのが男性なのかもしれません、女性と逆ですね。

丁寧に話されるのは脈なし!?

「好きな子にはちょっとしたちょっかいをだすが、そうじゃない人にはただ丁寧に接する」(31歳/食品・飲料/技術職)

みんなに丁寧な人なのかが重要ですね。自分にだけ態度が丁寧だといい気分はしないかもしれません。

アメとムチ!?

「好きな人へは最後に必ずほめる、冗談ですよとフォローをする」(36歳/機械・精密機器/営業職)

嫌ないじられ方をされても「でも、そこが好きなところ」なんていわれたら、許してしまうそうです。

まとめ

男心を見抜くことで、恋愛トラブルを回避できることだってあるはず。自分の価値観だけで相手の行動を判断せずに、動機を察してあげることがいい関係を築く足がかりになるかもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

SHARE