お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

このタイミングが狙い目! 男性がふと結婚したくなるとき5選「冬の寒い日」「風邪をひいたとき」

ファナティック

女性のように「結婚した~い」「寂し~い」という言葉を、あまり口にすることがない男性。でも内心では男性も女性と同じように、ふと「結婚した~い!」「寂し~い!」なんて思うことがあるのかもしれません。そこで社会人男性に、ふと結婚したくなる瞬間を教えてもらいました。

幸せそうな家族を見たとき

・「街で楽しそうな家族を見たとき。家庭を築いて幸せになりたいなあ、としみじみ思うから」(26歳/農林・水産/技術職)
・「既婚で家族で仲良くしている話を聞いたとき。守れる家族がいるというのはいいなぁと思うから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

男性も女性と同じように、通りすがりに出会う幸せ家族を見て「結婚したい」「幸せになりたい」とふと思ってしまうのだとか。まさにこの気持ちは、女性とまったく同じ? 男性も心の中では、案外自分と似たようなことを思っているのかもしれません。

寒い冬は、結婚したくなる

・「冬の寒い時期に毎晩ひとりで晩御飯を食べるとき。レンジのチンという音が妙に室内に響いて寂しく感じるので」(36歳/機械・精密機器/営業職)
・「冬の寒い日。人肌が恋しくなり家で愛する人と暖めあいたいなあと思うから」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

これもひとり暮らしの女性にも「あるある!」ですよね。レンジのチンという音がむなしく部屋に響きわたる日ほど、独り身が切なくなる日はありません。婚活するなら冬を狙えば、こんな風に「結婚した~い」と思っている男性をつかまえられる可能性アップかも?

風邪をひいたとき

・「風邪をひいてひとりのとき。異常に寂しさを感じるから」(38歳/情報・IT/技術職)
・「風邪ひいてひとり寝込んでるとき。病気のときは心身ともにひとりではやっていけないので、誰かいてほしいと思う」(31歳/商社・卸/営業職)

風邪をひいたときに独り身が切なくなるのも、男女問わずに同じよう。熱があるのに自分で料理しなくちゃいけない、外出して買い物しないと食べるものが何もない……なんてときほど、結婚したくなる日はないですよね。

男性ならでは? 彼女を守りたいと思ったとき

・「彼女が自分のことを思ってくれているとわかり、いとおしく思えたとき。自分のことを好きでいてくれて、大事に思ってくれているのを知って守ってあげたいと思ったから」(30歳/情報・IT/技術職)
・「守りたくなったら。人間の習性でしょうか」(31歳/情報・IT/技術職)

これは男性ならではの「結婚したくなるとき」かもしれませんね。彼女がいとおしくて、「俺が守ってやらなきゃ!」と思ったとき、男性は結婚したくなるよう。たまには彼氏の前でダメな自分をさらけ出すのも大事かもしれません。

彼女の手料理を食べたとき

・「彼女の手料理を食べたとき。家事ができるなーと思えるから。彼女に初めて手料理作ってもらったときに思った」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「おいしい手料理を作ってくれたとき。毎日食べられると考えたら、結婚したくなった」(28歳/自動車関連/技術職)

彼女の手料理を食べた瞬間も、男性が結婚したくなるときなのだそう。もしも婚活最優先なら、どんなに仕事が忙しくても彼氏に手料理を作ってあげられるくらいの時間は確保しておいたほうがよさそうです。

まとめ

女性のようには表だって「結婚した~い」とは言わない男性ですが、男性も女性と同じように、ふと結婚したくなる瞬間があるようですね。もしも彼氏と結婚したいなら、彼氏のこんなタイミングを狙って、人と一緒にいる温かさを感じてもらうといいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数105件(22歳~39歳の社会人男性)。

※この記事は2015年04月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE