お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジ許せない! 働く女性のプライドを傷つけた男性のひと言3選

ファナティック

怒ってる女性男性と同じように働いていると自負している女性は多いかと思いますが、男性の中には働く女性のプライドを傷つけるようなことを平気で言う人もいますよね。今回は、働く女性としてのプライドが傷ついた男性からの言葉について聞いてみました。

女はラクでいいよね

「女は別に就職活動をしなくても仕事につけなくても結婚すればいいし」(28歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

「『女は、すぐに泣くからなー』と言われた!!」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

「『女は男にこび売ればいいから楽でいいよなー』と言われた」(24歳/情報・IT/技術職)

「女性は結婚すれば働かなくてもいい」、「女性はすぐ泣いてすませる」など女性だからラクができていると思っている男性って多いですよね。実際には、仕事もしながら家事をこなす女性が少なくないのにラクをしていると思われるのは心外です。

「女は●●」という決めつけ

「理系女子は理屈っぽくて嫌だと言われたとき。みんながそうではないし!」(26歳/食品・飲料/営業職)

「女性は客観的なことが見えないと言われたとき、いやだなと思いました」(28歳/学校・教育関連/専門職)

「父に『どうせたいした仕事してないでしょ? 定時に毎日帰ってくるんだから』って言われたこと。遅く帰ってくればちゃんと仕事してるってもんでもないと思う」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

「仕事でみんなから嫌われている上司が、自分のことを上司との面接で、『ああいう女は~ていうんです』みたいなかんじの口調で人間性を否定された」(26歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

女性だから客観的なことが見えない、理屈っぽいなど「女性だから●●」という決めつけもイラッとしそう。みんなが同じではないとどうしてわからないんでしょうね。

女性は家庭にいればいい

「仕事でがんばって年収があがったのに彼に『どうせ結婚したら年収は下がるんでしょ』といわれてショックだった」(27歳/ソフトウェア/技術職)

「女性は出産や育児などでキャリアにブランクが生じる可能性があるが、『それでも必要とされるようなスキルを磨きたい』と話をしたら、『そんなの無理だよ』と言われた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

「『女性なら家に入るんだよな。仕事中にマスクするんじゃない』妊娠中の冬に風邪やインフルエンザ予防のためつけてて言われた」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「普段は昼間の仕事なのに地域のイベントで夜の仕事を手伝ってくれと言われたが、『主人の仕事が朝早いのでちょっと……』と断ると、『ほら、すぐ家族に逃げる』と言われた。『じゃあ夜中12時すぎまで働いて朝は5時に起きて弁当作って見送ってそのまま仕事にこいということか!?』と聞きたかった」(28歳/その他/その他)

男は会社、女は家庭という古い考えかたでいる人も多いようです。結婚しても仕事を続けたいと思う女性たちにとっては、やる気のなくなる言葉ですね。

女性と男性では向いている仕事にちがいこそあれ、働くという意味では同じ。それなのに女性だからといって仕事を軽んじているように言われるのって腹が立ちますよね。こういう言葉ってセクハラやパワハラになるという意識を男性たちにも持ってもらいたいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月9日~23日にWebアンケート。有効回答数226件(22歳~34歳の働く女性)

 

※この記事は2015年03月27日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE