お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

惚れてまうやろ! 職場の男性にドキッとしてしまった瞬間・4つ

ファナティック

いつもは「仕事仲間」としか思わないけれど、職場の男性だって異性。ふとした瞬間にドキドキしてしまうことだってあるのでは? そこで今回は、「職場の男性にドキドキしてしまった瞬間」について、働く女性に聞いてみました。

■さりげないフォローにドキドキ
・「会議の発表中に頭が真っ白になり発表が止まってしまったときに、さりげなくフォローしてくれた」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「仕事でミスをしたときに、フォローしてくれたとき。頼りがいがあるなと思いました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

困ったとき・弱っているときに手を差しのべてくれると、頼りがいを感じるだけでなく、ドキドキしてしまうようです。

■距離の近さにドキドキ
・「仕事を教えてもらうとき自然と体が密着して手取り足取り教えてもらうのでドキドキする」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「PCの操作を教えてもらっているとき、同時にマウスに手を伸ばして、手に触れたとき」(24歳/情報・IT/技術職)

また手取り足取り教えてもらうときの密着感にドキドキしてしまうという人もいました。距離が近いと、つい意識してしまうのは仕方がない!?

■笑顔にドキドキ
・「重い荷物をさわやかな笑顔で持ってくれたときは、思わずドキッとしてしまいました」(32歳/自動車関連/事務系専門職)
・「仕事に熱心に取り組みながらも、笑顔を絶やさない人がいると、胸がキュンとします」(32歳/その他)

忙しいと、つい笑顔を忘れてしまい、話しかけにくいオーラを出す人もいます。そんな中、いつも笑顔を絶やさないような男性に、キュンとしてしまうという声も寄せられました。

■男らしさにドキドキ
・「上着を脱いで、シャツを腕まくりしながらPC作業をしていたとき、腕の筋肉にムラッときた」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

普段は見えないような「男らしい」パーツを見て、ドキッとしてしまったという人も。スーツの下に隠れている、というのがギャップを感じて余計にドキドキしてしまうのかもしれません。

いつもは意識していない相手でも、キュンとしてしまうことはあるみたい。あなたは、職場の男性のドキッとしてしまった経験はありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数170件(22歳〜34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE