お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

信じてたのに……。一番ありえないと思った彼女のウソ4選「浮気じゃなく、不倫」「整形を黙っていた」

ファナティック

ウソも方便とはいうものの、相手を傷つけてしまうようなウソはついちゃダメですよね。今回のアンケートでは、男性たちが彼女につかれたウソの中でも「それはないだろう!」と思ってしまったウソについて調査してみました!

■浮気はしていない!

・「浮気していたのを隠していた。随分前から浮気をしていて、いざ別れるときには、浮気相手とすでに付き合っていた」(26歳/電力・ガス・石油/営業職)
・「仕事だといって男友だちとデート。偶然出会ってしまって向こうがあせる」(33歳/運輸・倉庫/営業職)
・「浮気じゃなく、不倫だった。相手が訴えられて発覚」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「浮気について。誰と浮気していたかを知らない人と言っていたけど、結局バイトのときの後輩だった」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

浮気については、ウソをつくならだまし通してほしいという気持ちもあるのでしょうが、実際には男性にバレてしまっているようです。ウソはいつかバレてしまうものなのでしょうね。

■経験人数は○人

・「経験人数。3人ぐらいだと言っていたら2桁だった」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「付き合った人数の少なさ。3人と言っていたのに7~8人はいた」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「経験人数。当初は数人って話だったのに、出てくる会話から推測するに20人越えていたので」(36歳/機械・精密機器/営業職)

今までに付き合った男性の数や経験人数を少なめに言うのは、女性なら心当たりがあるのでは? でも、実際の人数が言っていた人数の倍以上というのは、男性にとってはショックなようです。

■お酒・タバコはダメなの

・「ウォッカのニオイをさせながら、『私、お酒弱いから』と言ったとき。酒に弱いふりをしたかったらしいが、ウォッカを飲んでおきながら酒に弱いというのは道理が通らない」(31歳/商社・卸/営業職)
・「タバコ臭いのにタバコを吸っていないと言い張った。禁煙していたので口からタバコのニオイがするはずないのに、キスのときにニオイがして、問い詰めたが、そのまま吸っていないと言い張った」(32歳/電機/技術職)

女性の喫煙にはあまりいい印象を持たない男性が多いですが、「吸っていない」とウソをつくともっと悪印象に。彼といるときには吸わなくても、あの独特なニオイでバレることは確実です。

■年齢もその顔もウソ?

・「整形を黙っていたこと。整形しているのになにも言われなかった」(26歳/生保・損保/事務系専門職)
・「サバを読んでいた。本当は30歳なのに25歳とウソをつかれていた」(22歳/情報・IT/技術職)

整形した過去があったり、最初に年齢をサバ読みしてしまったりすると、本当のことを言おうと思っても言い出すきっかけが見つからず、そのままズルズルとウソをつき通すことに……。彼女のほうも言うタイミングを逃してしまって、困っていたでしょうね。

ウソをつくのも優しさ、思いやりという考え方もあるので、ウソをつくことがダメとは言い切れませんが、ウソをついている状況は本人にしてみればけっこうツラいもの。彼に本当のことを言えるタイミングが早く来るといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数105件(22歳~39歳の社会人男性)。

※この記事は2015年03月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE