お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コレで大丈夫! 浮気経験アリ女性が教える浮気がバレない秘策4選「同じ呼び名」「彼もそれ以上に愛す」

ファナティック

男性の場合は、部屋に残った浮気相手の痕跡でバレたり、そもそも挙動不審になることでバレることがありますが、女性の場合は、男性に比べて隠すのがうまいと言われることがあります。では、具体的にどんな隠し方なら浮気がバレないのでしょうか? バレなかった女性にアンケート調査を行いました。

■携帯から怪しまれないようにする

・「電話の履歴は都度すべて消す」(33歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)
・「ラインは非表示にする」(28歳/金融・証券/営業職)
・「浮気相手と一緒に遊びに行ったときは、SNSを更新しないようにしていた」(26歳/小売店/販売職・サービス系)
・「彼の前で携帯を見過ぎないよう」(22歳/医療・福祉/専門職)
・「携帯をカバンに入れておいた」(26歳/商社・卸/営業職)

本命の彼の前では、浮気相手から携帯に連絡があっても絶対にわからないように気を付けているようです。また、もし見られたときのために履歴をこまめに消す人も多くいました。SNSで位置情報をうっかり投稿してしまうようなことがないようにするという、現代ならではのところにも気を使う必要がありそうです。

■態度を変えないこと

・「いつもと変わらない態度で接すること」(25歳/食品・飲料/技術職)
・「うしろめたさを感じていることを察知されないように、振る舞いを気を付ける」(31歳/自動車関連/事務系専門職)
・「二股と気づかれないように、どちらとも連絡をまめにする」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

平常心でいるように心がけることで、普段との差を感付かれないように気を付けているようです。いつもとちがった態度や気遣いは、逆に怪しまれる可能性アリ。

■行動範囲、呼び名に気を付ける

・「部屋にはあげない。パートナーの行動範囲には近づかない」(31歳/小売店/販売職・サービス系)
・「遠距離だったのでバレなかった」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「たまたま似たような名前の男性だったので、同じ呼び名にした」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「絶対にバッティングしないところに住んでいたので、特に気を付けることはなかった。強いて言えば、名前を呼びまちがえないようにするくらい」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

彼と浮気相手がバッティングしないように気を付けつつ、呼び名をうっかりまちがえないように意識しておくことは鉄則のようです。本命と浮気相手が同じ名前だとバレる可能性が少ないそうですよ。

■本命の彼を優先させる

・「彼氏との予定があるときは、必ずそちらを優先させる」(25歳/運輸・倉庫/営業職)
・「彼もそれ以上に愛すこと」(29歳/小売店/販売職・サービス系)
・「態度を変えず、パートナーを大事にする」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

浮気はあくまで遊びであり、本命は彼であることがはっきりしているなら、彼をちゃんと優先させることで不信感を抱かせないようにしているようです。

女性は、浮気がバレないように気をつける点などを、本能的に熟知しているのかもしれません。頭を切り替えてうまくやっている人も多いことがわかりました。男性には到底ムリなごまかし方法なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数182件(22歳~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月18日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE