お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼との愛が冷めないようにとりたい「適度な距離感」って具体的にどうすればいい?

ファナティック

男性は本能的に、「女性に追われる」よりも「女性を追うこと」を好むとされています。どんなに大好きな彼にでも、尽くしすぎは禁物! 彼を甘えさせ、「ダメ男」を育ててしまう可能性もあります。こうならないためには、彼との間に適切な距離を持つことも大切かも……? 女性のみんなの「適度に距離を取るコツ」を聞いてみました。

気持ちを抑えて

・「会いたくてさびしいってなるのも大事だから、そう思うまで会わないようにする」(29歳/生保・損保/営業職)

・「毎日会ったり電話したりメールしたりしない。デートは週一でじゅうぶん、と思う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

非常に多かったのが、「会う頻度を少なくする」という意見です。「またすぐに会うから……」と思うと、モチベーションも下がるもの。「次はいつ会えるかわからない」くらいが、ちょうどよさそうです。

一人の時間を

・「相手に全部依存しないで、自分の趣味や友だちと過ごす時間も大切にすること」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「自分だけの時間を充実させることが大事だと思います。相手と常に一緒にいることを考えるのではなく、相手と一緒じゃなくても楽しめる趣味があることがいいと思います」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

好きな相手には「会いたい!」と思うのが自然なこと。それを抑えるコツは、「一人の時間を心から楽しむ」ことなのでしょう。恋愛以外の人生も充実させられそうですね。

エッチの回数

・「メールやLINEの返事は夜、仕事が終わったとき。お互いに会うのは週末だけ、などきちんと自分のペースを作る。彼に求められるがまま会ったりセックスしていたら、言いなりになる女になると思う」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

彼の気持ちに応えたいのは山々ですが、頻度が多ければ、飽きられるのも早そうです。ちょっと思わせぶりな態度を取るとともに、彼を翻弄(ほんろう)するような「小悪魔性」も身に付けてみては?

最後の手段です

・「転勤させてもらい、遠距離恋愛をして、お互いの大切さに気づく」(26歳/情報・IT/技術職)

すでに二人の関係が「惰性」になってしまっている場合には、ショック療法も必要かも!? 「近距離恋愛」が「遠距離恋愛」になれば、自然とお互いの大切さに気が付くはず。その後も素早く展開していくのではないでしょうか。ただし負担も大きいので、あくまで「最後の手段」として検討してくださいね。

あなたは大丈夫?

・「会う日を定期的にルール化しない」(30歳/ソフトウェア/営業職)

「二人だけのルール」は、関係を安定させ、絆を深めるのに一役買ってくれることでしょう。しかし時に、「ルール」はお互いの「義務感」を作ってしまいます。「本当はおっくうだけど、そういうことになっているから……」という経験がある方は、要注意ですよ。

まとめ

二人の関係の新鮮さを保つためには、適度な距離を保つことは重要です。ただ難しいのは、「適度な距離」は人によって異なるという点。自分の距離を大切にするとともに、彼が感じている距離感も大切にしてあげてくださいね。こうすることで、心の距離まで空いてしまうのを避けられるでしょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年2月5日~13日にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年03月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE