お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性に聞いた! 彼女と外出するとき化粧待ちor洋服決め待ちのどちらが許せる?

ファナティック

彼に「さあ、出かけるよ!」と急に言われても、化粧もしなければいけない、洋服も選ばなければいけない、女性は準備に時間がかかって当然です。ですが、その待ち時間が男性にとっては苦痛であり、人によっては無駄な時間と感じることも。彼女と出かけるとき、化粧と洋服決め、どちらのほうが許せるのか、男性に聞いてみました。

Q.彼女と外出するときに待たされる場合、どちらのほうが許せますか?

 「化粧待ち」……51.0%
 「洋服決め待ち」……49.0%

ほぼ半数で、少しだけ「化粧待ち」が多いという結果になりました。それぞれの理由を見てみましょう。

<化粧待ちのほうが許せると答えた男性>

■化粧は事前の準備が不可能

・「服は事前に選べるだろ」(33歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「化粧に時間がかかるのは仕方ないと思えるから」(30歳/情報・IT/技術職)
・「洋服は早く決めろと言いたくなります」(32歳/機械・精密機器/技術職)

化粧は外出前にしなければいけないのに対して、洋服を決めるのは前日に選ぶなりパターン化するなりして、事前の準備が可能だと男性は見ているようです。ごもっともでございます……。

■彼女にはきれいでいてほしい

・「最低限はしてほしい」(24歳/情報・IT/営業職)
・「気合いが入っている気がするから」(36歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「メイクに時間がかかるのは、手を抜いていないと思えるから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

「○○くんと一緒に出かけるから、きれいにして行きたい!」という気持ちが伝われば、快く待っていてくれそうですね。女性の心理をよく理解していらっしゃる!

<洋服決め待ちのほうが許せると答えた男性>

■オレの彼女はオシャレなんだ!

・「ファッションにこだわりがあるんだろうなと思うから」(26歳/農林・水産/技術職)
・「着る服を選ぶのは、女心でもあると思うから」(27歳/情報・IT/技術職)
・「オシャレなほうが、まだ許せるので」(27歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

限度はありますが、彼女がオシャレであることを悪く思う男性は、あまりいないのではないでしょうか。気合の入れ方を化粧に見出すか、オシャレに見出すのか、男性のタイプによるのかも。

■自分も参戦する!

・「選んであげられるから。自分も一緒に選べる」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「自分で指示できるから」(30歳/マスコミ・広告/営業職)
・「自分自身も洋服を決めるのに迷うことがあるので、気持ちが理解できるから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

洋服を決めるのは、時間との闘いです。そんなとき、「これにしなよ」という彼からのひと言は、絶大な時間短縮の効果を発揮します。反対に、彼女のほうから「どっちがいいかな?」と彼を巻き込んでしまうのもいいかもしれませんね。

彼と出かけるときは、洋服にしてもお化粧にしても、迷ったり手をかけすぎて時間が押すことが多々あります。彼にかわいいと思われたい乙女心は少しセーブして、あまり長い時間待たせないで、一緒にいる時間を少しでも長く持ちたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の社会人男性)。

※この記事は2015年03月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE