お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私の恋心、土足厳禁! 友だちとの恋バナ、どこまで聞いていいの?

ゆめみん/OFFICE-SANGA

2人並ぶ女性友だちとの恋バナは楽しいもの。ときには相談にのることもありますが、「ここまで踏み込んだことは聞いてはいけないのでは?」と思うことがあるのでは? その基準になる要素を働く女性に聞いてみました。

【婚活アナリストが「一番身近な婚活成功者=妻」に聞く~奥さん、どうやって婚活したんですか?~】

■恥ずかしい話

・「彼に私がデレデレしてしまうところ」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「下ネタは苦手なので聞かれたくない」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「なんだろう。それを私が言うことで話題の人が恥ずかしい思いをする内容」(31歳/学校・教育関連/営業職)

気がつかないうちにノロケ話になっていたら、聞いているほうが恥ずかしいですよね。彼も自分の知らないところで話題にされていたら驚いてしまうかも。

■カラダの話はちょっと……

・「過去の恋愛遍歴とか体験人数は聞かれたくないし、本当のことを言いたくない」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『彼とのエッチってどんなん?』と聞かれること」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「共通の知人だとエッチの話題はしにくいです」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

過去の体験やエッチな話題はNGという人も多いです。その後、友だちの彼に会うかもしれないし、そういう話題は避けておいたほうが無難かもしれませんね。

■込み入った事情

・「別れた理由(振られた理由)を根ほり葉ほり」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「いろいろな男の人と飲みに行くこと」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分の彼はバツイチだということ」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

あまり立ち入って聞かれたくないこともありますよね。友だちが口ごもったら、しつこく聞かないのが一番。自分からも相手に聞かないようにした方が無難です。

■彼とのいろんなこと

・「彼の愚痴」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「彼との出会い」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「いつ結婚するのかは聞かれたくない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

彼がいるからといって、なにもかも話さないといけない、ことはない! 友だちが話したいことだけ話してもらったらいいのでは?

■事情を察してください……

・「性的なことや二股とかそういう系の話題」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「昔不倫していた経験」(25歳/食品・飲料/技術職)

・「夜の悩みは話せない」(30歳/自動車関連/技術職)

アブナイ恋の話題などは、友だちでも話したくない! つい気になってしまいますが、相手が嫌がるのに無理に聞きだすのはタブーですね。

■恋バナはあまりしたくない

・「自分のことはすべて聞かれたくない」(24歳/建設・土木/技術職)

・「あまり恋バナ自体が好きではないので、話したくない」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「根掘り葉掘り興味本位で親しくもない相手から聞きだされるのは、全体的に好きじゃない。ペースが合う子しか友だちはいないから、話せないことってあまりないけれど」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

恋バナ自体が好きではないという人も。自分から恋バナをしない、または、恋バナにのってこない相手の場合は、話をするときに気をつけておいたほうがよさそうですね。

基本的に女子は「恋バナ」が大好き。女子会でも盛り上がる話題ですよね。だだ、誰もがなんでも気軽に話したいとは思っていない様子。ぶっちゃけすぎずに、ほどほどにしておいたほうが無難かもしれません。

(ゆめみん/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数221件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

 

お役立ち情報[PR]