お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 好感度ファッション

「付き合うとお金がかかりそう」と男性が思う、女性のファッション3選

ファナティック

買い物する女性ファッションってその人の個性が表れるもの。着ている洋服や持ち物で金銭感覚やその人の普段の生活までいろいろと想像してしまうことってありませんか? 今回は、女性がどんな持ち物を持っていたら「付き合うとお金がかかりそう」と思ってしまうのか男性に聞いてみました。

■ブランドバッグ

・「ブランド物のバッグを前面に押しだしている人。とにかく高級がすきそうだから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「出会うたびにちがうブランドバッグをもっている、ブランド品が好きそうだから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ブランド物のバッグと財布を持っていると、お金がかかっていそうと思う」(33歳/機械・精密機器/技術職)

ひとつでもかなりな金額のブランドバッグをいくつも持っているような女性だと、付き合うとお金がかかりそうなイメージを持たれてしまうようです。でも、ひとつのバッグを大事に使っているのなら逆にいいイメージになることもあるかもしれませんね。

■全身ブランドの洋服でコーディネート

・「ブランドもので身を固めているような女性は身構えてしまう」(30歳/情報・IT/技術職)

・「全身ブランド物。ファッションにかけるお金が半端じゃなさそうだから」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「ブランド物のコートを着ていたら」(31歳/食品・飲料/技術職)

バッグなどの小物よりもさらに値段の高いブランド物の洋服で全身を固めている女性も男性からは敬遠されそう。ファッションにかけるお金が月にどのくらいか想像するだけで男性たちは身構えてしまうのかもしれませんね。

■高価なものをたくさん持っている

・「いろんなブランドを数多く持っていること。統一性がないので無駄なお金の使いかたをしそうだから」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「いつもバックや腕時計がちがう。それだけ種類を多く持っているという意味なので、ちょっとお金がかかりそう」(27歳/自動車関連/技術職)

・「指輪やネックレスなど宝飾品が多い」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

バッグやアクセサリーなど高価なものをたくさん持っているという印象の女性もお金がかかると思われるようです。会うたびにちがうバッグを持っていたり、見たことがないアクセサリーを身に付けていたりするとそれだけ揃えるにはお金が相当必要なはずと感じるのでしょうね。

付き合うとお金がかかりそうな女性は「ブランド物」を持っているというのが男性たちの共通したイメージ。バッグや服、アクセサリーなど、ブランド物を持っているとちょっと見せびらかしたくなりますが男性の前ではあまり見せないようにしたほうがいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年1月23日~2月6日にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)