お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

本当、ゴメン! 彼氏がいながら、ほかの男性にアピールされて付き合ってしまった理由3選

清水郁美

彼氏がいても、ほかの男性からアプローチされたら、それこそ女冥利に尽きますよね。「ごめんなさい。彼氏がいるので……」とお断りするとしても、好意を持たれるのはうれしいですし、「私にも魅力がある」という自信もつきます。でも、それが「彼氏よりも彼に惹かれてしまう」「彼氏よりも彼を選んでしまった」ということはあるのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。

Q.彼氏がいたけどほかの男性にアプローチされて、結果的に略奪されたことはありますか?

「ある」10.1%
「ない」89.9%

なんと、1割の女性が「ある」との回答が! 相思相愛の恋人よりも、ほかの男性に魅力を感じ、その彼を選んでしまった理由とはいったい何なのでしょうか? 「ある」と答えた女性に聞いてみました。

■彼氏よりも大事にしてくれる。正反対の接し方に惹かれ……

・「とにかく話をよく聞いてくれ、私を楽しませてくれた。付き合っていた彼氏はもうそんなことはしてくれなかったので、コロッといってしまった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「そのときの彼氏と正反対でかっこよく思えた」(29歳/生保・損保/営業職)
・「彼の態度に不満が多かったので、その正反対の態度のアプローチに惹かれた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

恋人のいい面だけでなく悪い面も知ってしまったからこそ、正反対の男性に惹かれてしまったよう。付き合いはじめの輝いていたころに比べ、俗に言う「倦怠期」のころにアプローチされたら、その彼にコロッといってしまうのかもしれません。

■一緒にいる時間が長くなるほど、愛情が芽生え……

・「彼氏よりも一緒にいる時間が長くなり、そちらのほうに心惹かれてしまった」(25歳/運輸・倉庫/営業職)
・「遠くの彼氏より、近くの男に行ってしまった」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「彼氏とは遠距離だったし、アプローチしてきた人は若い人だったので、彼氏にないものをたくさん持っていた」(28歳/金属・鉄鋼・科学/事務系専門職)

恋人との距離は、その後の恋愛までも変えてしまうようです。現在、遠距離恋愛中の方は、まわりの誘惑に気づかないよう、ご注意ください。

■やっぱり将来性は大事で……

・「すべてがよく見えてしまった。一番大きかったのは、包容力と経済力」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「将来性。飲食業の彼氏と公務員の彼で、公務員の彼を選んだ」(32歳/金融・証券/営業職)
・「彼氏はフリーター。彼はちゃんと仕事をしていた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

付き合うなら長く、できれば結婚も見据えて付き合いたい。そんな女性に多いよう。結婚まで見据えるなら、将来性や経済力なくしては、いろいろと安定しませんよね。

数は少なくても、「恋人への不満な点が大きくなってしまったこと」「タイミング」「将来を考えたとき」3つが、彼氏以外の男性を選んでしまった理由のようです。人生は何があるのかわかりませんが、その選択が幸せに結びつきますように……。

(清水 郁美)

※画像は本文とは関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数237件(22歳~33歳の社会人女性)。

お役立ち情報[PR]