お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
心地よい暮らし

ぎゃー、やめて! 女子に聞いた「部屋で彼氏にやってほしくない行動」4選

自分の部屋というのは、常に自分にとって居心地の良い空間ですが、それが来訪者によって荒らされてしまったら、むっとするのも仕方のないことですよね。それがたとえ、大好きな彼だったとしても同じこと。お部屋に招いた彼、どんなことをされたら、あなたはイライラしてしまいますか?

■ごそごそあさらないで!

・「あちこちあさってほしくない。プライバシーがあるので」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「色んなところを触る探す開ける。見られたくないので」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「クローゼットをあさる。人に話したくない趣味のものを隠しているから」(25歳/不動産事務系/専門職)

親しき仲にも礼儀あり。いくらプライベートな空間に招いたとしても、すべてを暴こうとするように部屋をあさられたらいい気はしませんよね。彼にはデリカシーを持ってもらいたいものです。

■トイレはきれいに使って欲しい!

・「トイレで立って用を足す」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「立ってトイレをすること。汚れるから」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「トイレを汚すこと」(28歳/学校・教育関連/専門職)

彼が使ったあとのトイレ、便座が上がっていたらどう思いますか? 汚れと掃除のことを考えると憂鬱になりますよね……。女子の部屋に来たときくらいは、便座に座ってもらいましょう。

■ベッドは私がくつろぐ場所!

・「服のままベットに寝ること」(23歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「ベッドにドカンと座る」(24歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ずけずけとベッドの上に上がる」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

ぐっすりと快適な睡眠をとるために、おのおの工夫をしてあるベッド。お気に入りのシーツ、頭にあった枕、マットレス……そこへ無遠慮に入られてしまったら、心の広い女子でもイライラしてしまうのではないでしょうか?

■タバコのにおいを付けないで欲しい……

・「タバコを吸う。自分の部屋でタバコのにおいがするのがいやだから」(24歳/生保・損保/営業職)

・「タバコを吸う。においがつくから」(28歳/医療・福祉/専門職)

快適な空間は、においにもこだわりがあるはず。タバコのにおいなんて言語道断です。部屋のあるじであるあなたがタバコを吸わないのを分かっていながら、「灰皿ある?」なんて部屋の中で吸われたら、恋も冷めてしまいそうです。

心を許した彼といえど、どうしても許せないこと、女子には色々あるのですね。彼を部屋に招く際は、それとなく、お部屋の中での過ごし方のルールを伝えておくと良いかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数117件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]