お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

イクラぎっしり「鮭とイクラの親子丼」が名物。昼定食も安くてウマい渋谷の海鮮居酒屋「根室食堂」

「鮭とイクラの親子丼」1,780円

渋谷駅から徒歩3分、マークシティのすぐ脇という都心の真ん中に、北海道・根室の新鮮な魚介を目いっぱい楽しめる居酒屋がある。立ち呑み席が20席、座席が40席の店内は、まるで市場の中にある食堂のような雰囲気で、昼も夜もビジネスパーソンを中心に賑わう。

【秋といえばほっくり甘い栗が美味しい時期! この秋食べたい贅沢栗スイーツは?】

名物は、イクラやウニを惜しみなく使った海鮮丼。もちろん刺身や焼き魚、揚げ物など、つまみにピッタリな料理も幅広く揃う。

●根室からほぼ毎日、新鮮な食材を空輸
一番人気の看板メニューは、「鮭とイクラの親子丼」1,780円。米が見えないほどぎっしり盛られたイクラと、大ぶりの焼き鮭を合わせたボリューム満点の丼だ。新鮮なイクラとは対照的な焼きたて鮭の食感が、意外なアクセントになっている。

ほかに新鮮で臭みのないウニをぎっしり敷き詰めた「ウニ丼」2,480円も。

新鮮な魚介を使った昼定食がリーズナブルな価格で食べられるのも、この店の売りのひとつ。10種以上ある昼定食の中でも一番人気は「焼さんま定食」580円。焼さんまに白飯、味噌汁が付くシンプルなメニューだが、脂ののったさんまはもちろんのこと、魚のアラのダシがきいた味噌汁もなかなかのうまさで、コスパも満足度も十分。

もう一歩贅沢したいときには「刺身3点盛と焼さんま定食」880円、刺身好きなら、さらに奮発して「天然刺身5点舟盛定食」1,280円といった豪華メニューをチョイスしても。ちなみにアラ汁は、夜は単品100円で提供しているので、シメの一杯にも最適だ。

根室食堂というだけあって、魚介類は根室の海でとれたものだけにこだわり、ほぼ毎日空輸で直送している。そのため、メニューも店の雰囲気も地元感満載。「ちょっとマイナーな地魚に出会えるのも魅力ですよ」と店長の平山さん。

ランチはもちろん、会社帰りにふらりと寄って、立ち呑みで軽く一杯もよし、座席に座って仲間とゆっくり楽しむもよし。魚介好きにはたまらない個性豊かな店である。

【店舗データ】
店名:根室食堂 道玄坂店
※他に新橋店、宮益坂上店、東京八重洲店あり
所在地:東京都渋谷区道玄坂2-6-7
営業時間:ランチ/11:30~14:00(ラストオーダー14:00)
ディナー/15:00~25:00(ラストオーダー24:30)
定休日:なし
メニューはすべて税込価格
別途チャージ料(立ち呑み150円、座席300円)あり

お役立ち情報[PR]