お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

合コンで「当たり」なのはどっち? 「盛り上げ役」VS「大人しくて目立たないタイプ」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

悩んでいる女性複数の男女が集う合コンで、どのように振る舞うのか。そこには、その人の性格が出ます。特に男性の場合、「盛り上げ役」と「大人しくて目立たないタイプ」にわかれることが多いですよね。女性の目から見て、どちらが魅力的なのでしょうか? 働く女性たちの本音を探ります。

Q.飲み会で一生懸命場を盛り上げようとする男性と、大人しくて目立たない男性では、どちらに「当たり」が多いと感じますか?

大人しくて目立たない男性……128人(53.6%)
盛り上げようとする男性……111人(46.4%)

「大人しくて目立たない男性」を好む女性のほうが少し多いようですが、その割合はほとんど半々。気になる回答理由を見ていきましょう。

<大人しいタイプは、その落ち着きが魅力>

■落ち着いた男性がイイ!

・「落ち着いている人の方が、かっこよく見える」(33歳/その他)

・「落ち着いて話せそうだと思うから」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「そういう男性に、結構隠れイケメンがいたりしそう」(32歳/生保・損保/営業職)

近くで見てみると、意外と整った顔立ちだった……。なんてパターンは、いわれてみれば寡黙な男性に多いような気がします。

■盛り上げ役はちょっと……

・「盛り上げようとする人の努力は買うが、あまり空気を読めずにやり続けているのは痛々しいから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「盛り上げてくれるのはいいが、だいたいチャラいから」(24歳/情報・IT/技術職)

・「飲み会慣れしている人は怖い」(29歳/その他)

会を成功させるためには、盛り上げ役も必要。ただ、そうしてがんばった男性がモテるかといえば……。それはまた、別のお話のようで。

■楽なのが一番!

・「私もそういうタイプなので、一緒にいて楽そう」(31歳/不動産/専門職)

・「目立たない男性のほうが、一緒にいて疲れない」(24歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

これから交際に発展していくことを考えると、一緒にいて楽な男性がいいですね。

■大人しくて目立たない男性の傾向

・「意外と知的で、面白いタイプが多いので」(23歳/その他/事務系専門職)

・「見えないところで気づかいしてくれていることがある」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「目立たないほうが、真面目な人が多い」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

たしかに、目立たないからといって、つまらない人とは限りません。

<がんばる盛り上げ役は素敵!>

■盛り上げ役ができる男性はスゴイ!

・「空気を読んで行動しているのがエライ」(28歳/金融・証券/営業職)

・「一生懸命なところがいい」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「周囲に気が使える、周囲のためにがんばれる人だから」(25歳/不動産/事務系専門職)

自分から盛り上げ役を買って出てくれる人がいると、まわりは非常に助かります。

■盛り上げ役男性の傾向

・「明るく前向きな性格の人が多そう」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「飲み会では盛り上げていたけど、実は大人しいという人が多いように思う。飲み会でおとなしかったのに普段は元気だと、マイナスのギャップに感じ
る」(28歳/その他)

・「場の空気を作れる人はいいと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「2人で会ってみると、意外と大人しい」というパターンは、なかなかいいですね。

■将来性抜群!

・「そういう人は『仕事もできる=稼ぐ』」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「盛り上げる人は、コミュニケーション能力が高そうだから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「つきあいのいい男性のほうが出世しそう」(28歳/学校・教育関連/専門職)

「稼ぐ」「出世する」という面から見ると、断然「盛り上げ役」の評価が高いようです。

■本当に優しいのは……?

・「盛り上げようとする男性は優しいと思う」(33歳/その他)

・「大人しくて受け身の男性だと、自分ががんばって話さなければいけないから嫌。盛り上げてくれる人のほうが優しいと思う」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

飲み会でいつも盛り上げ役に徹し、損をすることが多いという男性のみなさん。そのやさしさに気づいている女性はちゃんといますので、安心してください!

今回のアンケートでは、「盛り上げ役」と「大人しくて目立たないタイプ」の人気に大きな差はなく、「当たり」と感じるかどうかには相性が大きく影響しているのかもしれませんね。どちらが自分に合っているのか? それを見極めるべく、男性との飲み会へ参加する際には、それぞれのタイプをじっくり観察してみてはいかがでしょうか?

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数239件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]