お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 生活

96%が直近1年間に受取経験ある「宅配便」、利用時に重視すること1位は「送料の安さ」ではなく……

直近1年間の宅配便を受け取り頻度

マイボイスコムは、2015年1月1日~5日、全国の男女を対象に「宅配便サービスの利用」についてのアンケートを実施した。有効回答者数は1万1,286件。

【イラストコラムなぜかカッコよく見える制服マジック!】

同調査では、仕事以外での宅配便サービス利用を対象としている。直近1年間に宅配便を受け取ったことがあるか尋ねたところ、95.5%が「ある」と回答した。受け取り頻度は「月に2~3回」が31.7%で最も多い。「月に1回」「2~3カ月に1回」も各2割みられた。

直近1年間の宅配便を発送頻度

次に、直近1年間で、宅配便を発送したか聞くと、68.2%が「ある」と回答した。発送頻度は「半年に1回以下」(31.8%)が最も多い。女性や、高年代層で利用者が多く、女性50代以上では、直近1年間の利用者が8割にのぼる。

最もよく利用した宅配便サービスを聞いたところ、「ヤマト運輸」(65.3%)、「佐川急便」(18.6%)、「日本郵便」(13.1%)が上位を占めた。満足度を聞くと、「ヤマト運輸」主利用者の4割弱、「はこBOON」「日本郵便」主利用者の3割強が「満足」と回答している。

宅配便サービスの利用目的

宅配便を利用した目的を聞いたところ、「ネット通販・オークション等の品物の受け取り」(74.7%)がトップだった。以下「家族・親戚等への荷物の発送」「家族・親戚等からの荷物の受け取り」が各4割で続く。宅配便サービス利用時の重視点は、「配送の確実さ」(64.8%)が最も多く、「配送料金の安さ」「荷物の取り扱いの丁寧さ」「配送時間の正確さ」が各4~5割で続いた。

(エボル)

お役立ち情報[PR]