お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない”スエード”の正しいお手入れ方法6パターン

大切なスエードアイテムを長く愛用するためには、ちゃんとしたお手入れが大切です。でも、スエードの取り扱い方は意外と知らない人が多いもの。そこで、ニューヨークにあるレザーやスエード素材の修理専門店「Leather Spa」の副会長デイビッド・メスキータ氏が、スエードの正しいお手入れ方法を教えてくれました。

【秋冬のオシャレに欠かせない! ショートブーツにぴったりの3コーデ】

1、色落ちしないようにするためには?
防水スプレーや染み防止スプレーを使うのが効果的。そうすることで、汚れがついても落ちやすくなり、本来の色を保てます。

2、雨や雪の日は避けるべき?
防水スプレーを使ったものであれば、基本的に問題ありません。ただし、大雨の日は使用を避けた方がいいかもしれません。

3、濡れたらどうするべき?
自然に乾かし、もしまだらに濡れた跡があれば乾いたタオルで叩きながら落とします。スエードの靴が濡れたら、靴の中に乾いた紙を入れて形を整え、熱い熱は当たらない場所で乾かします。翌日、ブラッシングをして表面を整えて。

4、汚れがついたら?
スエードブラシを使い、汚れを落とします。できるだけ早く落とすのがポイント。

5、柔らかく保つには?
スエードが汚れたり、長期使用したりすることによってだんだん固くなりますが、スエードブラシで定期的にブラッシングすれば、ホコリや汚れも落ちて柔らかく保てます。

6、どうやって保管するべき?
靴やハンドバッグは袋に入れて保管しますが、プラスチック袋や箱などで1ヶ月以上密封するのは避けること。できるだけ空気に触れさせて、湿気ないようにしましょう。

参考サイト:
HOW TO CARE FOR YOUR SUEDE
http://www.harpersbazaar.com/fashion/fashion-articles/how-to-care-for-your-suede

お役立ち情報[PR]