お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム雑学 生活

今日は節分! 読モが語る、すごい節分エピソード「恵方巻きで部屋1周」「入籍」…

節分の定番といえば豆まきですが、ここ数年は、恵方巻きを販売するコンビニも増えるなど、節分の楽しみ方のバラエティがかなり豊富になってきました。そこで今回、「印象に残っている節分エピソード」を読者モデルのみなさんに伺ってみたところ……とっても個性的なエピソードが集まりました!

 

●豆をまいた結果…

・「節分で豆をまいたら、飼ってるにゃんことワンコが食べてました…」(かとぱんさん/25歳/飲料・食品 アルバイト)

・「会社で鬼におもいっきり豆をなげたら怒られたw」(だらっくまさん/27歳/金融・証券)

・「実家暮らし(埼玉)でいまだに節分のときに外に豆をまいてといわれるが、28歳、近所には小学生~大学生までいる、『鬼は外、福は内!』って友達同士でふざけてやるならできるけどひとりで夜やるのはほんと恥ずかしいだけ・・・」(高橋美衣さん/28歳/医薬品・化粧品)

 

豆まきの際には大きな声を出すのがいいとは言いますが、近所の人に見られたらと思うと、確かに恥ずかしいかもしれませんね(笑)

 

●食べる楽しみを満喫したくて…!

・「部屋を一周する長い恵方巻きをつくって食べた。食べきれなかった。笑」(ゆきなさん/24歳/食品・飲料 総合職)

・「節分の豆を食べ過ぎてお腹を壊しました(苦笑)」(彩華さん/26歳/情報・IT )

・「(その年)社会人になって一人暮らしを始めました。それまでは母親の手作りの恵方巻きを毎年節分の日に食べていましたので、その味が恋しくて恋しくて…実家にわざわざ帰って恵方巻きを頂戴して帰った思い出があります。残念ながら自分で作る元気はありません…(笑)」(ジェットさん/飲料・食品 総合職)

・「大人になってから各企業からいろいろな種類の恵方巻きが出ているのを知って、今年はどれにするかじっくり調べる食の行事になりました(笑)」(あにたすさん/26歳/団体・公益法人)

 

行事当日にしか食べられないと思うと、欲張り過ぎたり恋しくなったり…。思わず笑っちゃうエピソードも満載ですが、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を!(笑)

 

●誰もが一度は思うこと

・「恵方巻きをみんなで食べると、喋れないのであの無言でもくもく食べる時間に笑ってしまう(笑)」(やっちゃん/10代/アパレル・繊維)

 

恵方巻きを食べるときのあのルールに困惑した経験があるという人は絶対多いはず!

 

★番外編★ なかなか体験できない!? こんな節分も……!

 

・「教員なので、子どもたちを未だに驚かせています(笑)」(いろどりさん/27歳/公務員)

・「病院でドクターが鬼に扮する節分(笑) いつもは偉そうにしている先生もその日ばかりは逃げ回っていました(笑)」(稲垣千恵さん/29歳/主婦)

 

・「節分は特別良い日ではありませんが、特別悪い日でもない。だから、ちょうど日取りを悩んでいた私達は覚えやすい節分の日に入籍したの♪と、両親から入籍のエピソードを聞きました。彼が私の両親へ結婚の挨拶にきてくれたときの話です」(陽♀さん/29歳/建築・土木)

 

教師が教え子を楽しませたり、お医者さんが患者さんに豆を投げられたり…そしてまたあるところではカップルが入籍を考えていたり。節分のエピソードがこんなにバラエティに富んでいるとは意外でした!

今年の節分は、みなさんどんな思い出作りをするのでしょう? いずれにしても、後々まで語り継がれるようなすてきな一日になるといいですね!

 

(観月陸)

お役立ち情報[PR]