お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

観光で訪れたいリゾート地タイ 「辛い・ヘルシーそう・アジアンテイスト好み」で女性の約6割がタイ料理好き

「タイのイメージとタイ料理に関する実態調査」より

タイ国政府貿易センター大阪は、タイ料理の魅力を伝えるテレビ番組「走れ!トゥクトゥク タイぐるめ旅」のオンエアに先駆けて、女性500人を対象に「タイのイメージとタイ料理に関する実態調査」を実施した。

【タイ旅行前に知るべき!ボッタクリ、途中下車…ありえないタイのタクシー事情】

同調査において、タイのイメージを質問したところ、最も多かったのが「リゾート地」という回答だった。2位、3位には「物価が安い」「キックボクシングなどスポーツが盛ん」と続き、4番目に「グルメな国(料理が美味しい)」が入った。実際にタイに行くならどのような目的で行くのかとの質問に、最も多かったの回答は「観光」89.2%だった。2位は「グルメ」36.2%、以下「ショッピング」「美容(エステ・マッサージ)」と続いた。タイに行くなら誰と行きたいかという問いでは、1位「家族」45.8%、2位「同性の友達」38%となり、全体の9割を占めた。

タイ料理について率直に好きか嫌いかを質問した結果、58.4%の人が好きだと回答し、好きな理由として「アジアンテイストが好み」「エスニック料理が好き」「辛くておいしい・スパイシー」「ヘルシー・健康に良さそう」という回答があがった。苦手な理由を見てみると、圧倒的に多かったのが「パクチーが苦手」という意見だが、タイ料理好きな人の中には「パクチーが大好き」という人も多く、賛否両論分かれる結果となった。タイ料理を食べたくなるシチュエーションについて質問したところ、「暑い日」と「お友達といる時」が30.2%だった。以下「寒い日」23.6%、「疲れた時」15.0%と続いた。安心して本場のタイ料理の味が楽しめるタイ政府認定タイ料理レストランの証「タイ・セレクト」について知っているか聞いたところ、「知っていた」と回答したのはわずかに1.8%だった。

■調査概要 【調査方法】インターネット調査

【調査期間】2015年1月20日~1月21日
【調査対象】外食が好きな全国の20歳~59歳までの女性合わせて500名
【調査会社】クロス・マーケティング

(エボル)

お役立ち情報[PR]