お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私はあなたの味方だよ! 落ち込んでいる彼を元気にさせる「魔法の言葉」

大好きな彼が仕事で失敗したり、上司に叱責されたりして落ち込んでいるとき、あなたは彼にどんな言葉をかけてあげますか? 「彼になんて言ってあげたらいいかわからない……」と悩んでいる人ために、彼を元気づける魔法の言葉を女性たちに調査! さて、一体どんな言葉があるのかご紹介します!

■ほめてあげる

・「仕事に対する姿勢をほめる。『落ち込むほど努力しているんだから』と」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「『いつでもがんばってる君がすごいと思う』って伝える」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「自信を持たせるようにほめる」(23歳/その他/事務系専門職)

自信を失っている人には、ほめて自信を取り戻させるのが一番の特効薬!? へこんでしまっている彼のプライドをやさしく復活させてあげましょう。

■励ます

・「『次はきっとうまくいくよ』と励ます」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「『◯◯君なら、絶対に乗り越えられるよ』と明るく励ます」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「『いつもがんばっているから、次は大丈夫!』と言う」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

落ち込んでいるときは、誰かに励まされることで、やる気が少しずつチャージされていく……単純なようですが、つらいときは、ストレートな言葉ほどよく効くものです。

■自分は味方であること伝える

・「『何があっても私は味方だよ』と言ってあげる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「『いつもあなたの味方だよ』ということは伝えるようにしている。自分が言われるとうれしいので、たぶん相手もよろこんでくれていることを信じて言う」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「『私はあなたの味方だよ』『何か力になれることがあったら言って』」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

本当にへこんでいるとき、悲しいときというのは、多くの人が言い知れぬ孤独感にさいなまれているはず。「私は味方だよ」と言葉をかけることで、彼の心に安心感を与えられるでしょう。

■食事に誘う

・「『落ち込んでいるからご飯を特別におごってあげよう!』と言う」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「『一緒に飲みに行こう。おごってあげる』と誘う」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『おいしいご飯食べに行こうか』って誘う」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

落ち込んでいるときは、気分転換も必要! 沈んでいる彼をおいしいものを食べに連れ出すのはよさそうですね。気分転換ができたら、彼は案外すぐに暗いトンネルを抜けられるかもしれません。

女性たちは、大切な人のためにさまざまな「魔法の言葉」を使って元気づけているようですね。大好きな彼が暗く浮かない顔をしているときは、こんな言葉をかけてあげてみてはいかがですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数 女性205件(22~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]