お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 お助けコスメ

いざ! 女性に聞いた「ここぞいうときの勝負メイク」3選

意中の男性とのデートなど、いつもよりオシャレに気合いを入れる日ってありますよね。服装や髪型だけでなく、「メイク」にも力を入れたいところ。そこで、女性のみなさんに「ここぞいうときの勝負メイク」について聞いてみました。

■ていねいに仕上げる・少し高い化粧品を使う

・「ていねいに肌をつくる」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「プロセスは変わらないけど、ていねいに塗る」(33歳/その他)

・「下地とファンデを、いつもより高額なものを使う」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

メイクのプロセスに変化をつける、というよりも「ていねい」にメイクするよう心がけているという意見が目立ちました。いつもよりワンランクアップさせた化粧品を使う人も。

■アイメイクにこだわる

・「アイラインをキレイに引いて、アイシャドウを上手に塗る」(30歳/その他)

・「アイシャドウを濃い目にして、セクシーにみせる」(23歳/専門サービス/事務系専門職)

・「アイシャドウをいつもより念入りに。ライン、マスカラもくっきり。パール系の色をのせて、目元をアピールします」(26歳/情報・IT/技術職)

アイメイクをいつもより濃くして、目力をアップさせている人も多いようです。アイラインやマスカラなど、効果的に使うと、目元が華やかになりますよね。

■あえてナチュラルに

・「マスカラを濃くしすぎず、まつげを自然にあげるようにする」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「男性ウケを狙って、ナチュラルっぽく見えるメイクにする」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「あえて薄めのメイクをする」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

男性は「ナチュラルメイクが好き」という話をよく聞きますよね。それを狙って、いつもより自然なメイクを心がけている人も。

メイクの仕方次第で、いつもとまったくちがう印象に見せることができるのは、女性ならではの楽しみですよね。「ここぞ!」という日は、ぜひ自分なりの「勝負メイク」を試してみて!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]