お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性ホルモンのゆらぎ

女性に生まれたことを後悔している? 約7割の女子の本音は……

男性にはできない妊娠や出産という経験。女性に生まれてよかったと思う人もいれば、女性に生まれたことを残念に思う人もいるようです。今回は、女性に生まれたことについてどう考えているのか、正直な気持ちを聞かせてもらいました。

Q.生理や妊娠・出産など、男性にはない経験が多々ありますが、あなたは、女性に生まれたことを後悔したことはありますか?

「ある」30.8%
「ない」69.2%

約3割の人が後悔したことがあるそうですが、これを多いと見るか少ないと見るかは意見が分かれるところです……。次に、それぞれの回答について理由も聞いてみましょう。まずは、後悔したことがあるという女性から。

<「ある」と答えた女性の意見>

■生理痛がつらすぎて……

・「毎月の生理痛が激しいので、生理痛のない男性がうらやましいです」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「生理があまりにも痛くてつらすぎるから。先の予定も立てられないから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

毎月、生理痛の痛みに耐えている女性は「男性ならこんな苦労せずに済んだのに……」と思うようです。せめて、男性たちが生理痛のひどさを理解してくれれば救われるのですが……。

■妊娠・出産で仕事に支障が出る

・「毎月の生理の処理が面倒。妊娠や出産で仕事のペースが変化し、結局、生涯賃金が低くなる不安にさらされる」(31歳/小売店/事務系専門職)

・「女だけ妊娠・出産の負担を負うのは不公平だと感じているから。子孫を残す大切な存在にもかかわらず、女性があまりに軽視されている世の中は理不尽」(28歳/機械/技術職)

妊娠・出産がキャリアアップの妨げになると考えている人もいるようですね。仕事を休まなければならない時期があるために、男性よりも昇進や昇給に制限があるのは事実かもしれません。

では、後悔したことがないという女性はどう考えているのでしょうか。

<「ない」と答えた女性の意見>

■男性のほうが苦労が多そう

・「男性にも社会的責任によるストレスなど、大変なことは多々あると思うので、女性でもよかったと思う」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「男性の競争社会では生きていく自信がない」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

男性には男性なりのストレスがありそうだから女性でよかったと思う人も。

■子どもを産むことは幸せで神秘的

・「生理はとても面倒な体の働きだが、それによって命を作り出すことができることが神秘的であると思う」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「正直大変だし、出産は怖いです。でも、みんなが子どもを産む理由は、きっと大変以上に幸せがあるのかなって思います」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

正直、生理は面倒だと思うものの妊娠や出産を女性だけの特権だと思う人は多いようです。自分の体の中で新しい命が育っていくという神秘的な体験は、女性にしかできないものですからね。

女性にも男性にもつらいことはあるんだから、女性に生まれたことを後悔するより女性にしかできないことを楽しみたいというのが多くの女性のホンネのようですね。つらい生理中は楽観的に考えられないかもしれませんが、出産のための準備だと思って、少しでも穏やかに過ごせる工夫や生活習慣を取り入れたいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数143件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]