お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

7種の魚介だしと鹿児島育ちの赤鶏! くら寿司が「薩摩産 赤鶏ゆずうどん」を1月23日に発売

赤鶏ゆずうどん

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくらコーポレーションは1月23日から、「薩摩産 赤鶏ゆずうどん」を全国の店舗で販売開始する。

【食べログでもTOP5000!うどん本来のうまさを提供する新宿南口の『うどん 慎』】

薩摩産赤鶏

同商品は、くら寿司としてこだわり抜いている「7種の魚介だし」本来の風味を活かして開発した。だしの風味を損なわず引き立てる食材にこだわり、20種類の候補のなかから薩摩産赤鶏を使用。赤鶏をハーブ、麦を配合した植物性タンパク質の豊富な飼料で飼育。鶏臭さがなく、風味もよいため、だしそのものの味わいを邪魔せず、だしの風味を引き立る。国産のゆずをトッピングして、さっぱりとした味わいに仕上げた。

女性に「天然だし」が人気なことから「だし」を活かした商品をアピールする。

価格は360円(税別)。

(エボル)

お役立ち情報[PR]