お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

結婚前検査の次は遺伝子検査!? あなたは結婚相手の「CODE」を知りたい? 男のホンネ

ファナティック

日本でもじわじわと広まりつつある遺伝子検査。もしかするとこれからの時代、結婚前にはブライダルチェックだけでなく、遺伝子検査も求められるようになるかも!? そこで社会人男性に結婚相手に遺伝子検査を受けてほしいか、またそれが結婚に影響するか聞いてみました。

Q.男性に質問です。結婚相手の健康状況や家族病歴などが気になりますか。
気になる……56.8%
気にならない……43.2%

Q.どんなところが一番心配しますか。
子どもに対する影響……33.3%
婚後生活の円満……42.3%
老後の病気……24.3%

Q.健康の理由で結婚を考え直すこともありえますか。
ありえる……44.1%
ありえない……55.9%

Q.あなたは「遺伝子診断」を知っていますか。
はい……44.1%
いいえ……55.9%

Q.遺伝子検査というのは、遺伝子型を統計的に分析することで、病気の発症リスクや体質がわかる検査です。この検査を結婚前に受けたいあるいは受けてほしいと思いますか。
はい……36.0%
いいえ……64.0%

今回のアンケートでは、健康が理由で結婚を考え直す男性は約4割。また結婚前に遺伝子検査を受けたい・受けてほしいという男性は約3割強でした。結婚する女性の健康状態は気になるものの、どこまでを気にするべきなのかは判断に迷う男性が多いよう。では結婚前遺伝子検査をどう思っているのか、具体的に男性の意見を聞いてみましょう。

■結婚に影響はないが、どんなリスクがあるかは知っておきたい

・「自分や恋人が将来どのような病気にかかる可能性があるかを把握し、経済面だけでもゆとりを持てるようにしておきたいので」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「どんな病気になる可能性があるのか知っておくと、前もって対策ができるから」(27歳/情報・IT/技術職)

女性だけでなく、男性も結婚生活には不安を感じるもの。そのため結婚後に考えられる不安要素は、なるべく減らしておきたい……というところが男性にはあるようです。そのため将来のリスクに備えて、結婚前に遺伝子検査をと考えている男性もいました。

■子どもにどんな遺伝リスクがあるのか知っておきたい

・「子供を望む際に、リスクを知っておくことが必要」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「大きな病気が遺伝するような危険性は怖い」(28歳/自動車関連/技術職)

また子どもにどんな遺伝が引きつがれるのかを把握するために、遺伝子検査を受けたい・受けてほしいという男性も。ただしこれが理由で検査を受けた場合、結果次第で結婚に重大な影響が及ぶことも考えられ……。ここで出た結果をどうお互いに受け止めるべきなのか、悩むことも多そうです。

■可能性だけで悩みたくない、だから遺伝子検査は不要

・「そんなモノを受けてもらった所で心労の種が増えるだけだから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「そこまで気にしだしたら、窮屈になると思うから」(30歳/情報・IT/技術職)

ただでさえ悩むことがあって大変なのに、「単なる可能性」のことで悩まされたくない!という男性も。遺伝子検査は知りたいこともたくさん教えてくれますが、知りたくないところもたくさん教えてくれます。知らない方が幸せだということも、たくさんありますよね。

■彼女を傷つけそうだから、やりたくない

・「あくまでも可能性の話であり、それで判断をするのはあまりよくないと思う」(25歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「わだかまりが残りそう」(31歳/商社・卸/営業職)

それが単なる可能性の話であっても、わずかでもリスクがあるとなると気になってしまうのが人間。彼女や自分を見る目がその検査で変わってしまい、2人の間に妙なわだかまりができてしまうならいらないという男性も。やっぱり遺伝子検査って、怖い存在かも!?

遺伝子検査は、まだまだこれからの分野。ただし社会に浸透してまだわずかなのに、結婚前に受けたい・受けてほしいと考える男性は約3割強も。それだけ結婚後の生活に不安を感じる男性は多いということなのかもしれません。結婚前の遺伝子検査……あなたはどうする!?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年12月18日~31日にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]