お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

肉食女子が激白! 肉食だから得したことエピソード5選「とにかく目立つしモテる」

恋愛に対して積極的な肉食女子たち。草食女子と比較して、先手必勝で異性の注目を集めやすいですよね。恋愛をスタートさせるためには、ときには自分から動くことも重要です! 肉食女子たちが「肉食タイプでよかった!」と思ったことを、具体的に教えてもらいました。

■男に困らない!

・「モテる。目立つ。とにかく目立つしモテるので、注目の的、あこがれの的になりやすい」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「彼が途切れたことがない。彼氏がすぐできる。ハンターだから」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

肉食女子は、とにかく男に困らない! こんな意見が目立ちました。つい一歩引いてしまう草食女子にとっては、うらやましい限りです。恋を成就させるためには、やはり自分から行動する必要があるのでしょう。

■出会いも自然に

・「男性をよく紹介される。いろいろな人から声をかけてもらえるので、つながりが増えて素敵な方との出会いが頻繁にある」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「盛り上げ役としてたくさん飲み会に呼んでもらえる。男性と積極的に話せない人たちが、話せるきっかけとして呼んでくれることが多いから」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

なんと「肉食」を公言することで、こんなメリットもあるなんて……。数多くの出会いの中から「エモノ」を見極め、見つけ次第ハントする! これが肉食女子の真骨頂です。

■きっかけを与えると

・「結果的にアプローチしてもらえる。ある程度積極的にいけば、向こうからアプローチしてくれる」(29歳/その他/販売職・サービス系)
・「自分から行けば相手からも来てくれる。自分から遊びに誘いまくっていたら、相手からも誘ってくれるようになったことがある」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

肉食女子に対して「ガツガツしている」というイメージを持つ方は多いはず。でも実は、肉食女子が攻めるのは最初のうちだけなのかもしれませんね。男性は自分に好意を寄せてくれる女子に弱いもの。かなり高度な戦略です!

■余裕が持てます!

・「男慣れしたこと。初デートであまり緊張しないこと。場数を踏むうちにだんだんと慣れてきて、意中の男性と喋ったりデートするときに、緊張しすぎずに目を見てアプローチできる」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「男性と2人になっても会話に困らない。飲み会などに行っても話せる」(24歳/医療・福祉/専門職)
・「数は打てる。最初のデートでホテルに誘われたりもするけれど、こちらも試食なのでいいやと思う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性と上手にコミュニケーションをとるためには、「慣れ」も必要ですよね。失敗にこだわらず次々とチャレンジすることで、かけがえのないスキルを身に付けた女性も少なくないようです。

■理想の彼

・「草食系の男子と付き合えた。彼氏は完全草食系。やさしいし、浮気しないし、いい人。もし私がアプローチしなかったら、付き合えなかった」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「イケメンの彼氏ができた。積極的にいって、草食男子をゲットしたから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

草食男子が増えていると言われる今、理想の彼をゲットするためには、女子側から動くことが大切です。押してみたら、意外と倒れてくれるのかも……!? 躊躇しないことが、コツみたいですよ。

恋愛を積極的に、自由に楽しめるのが肉食女子の得なところ。「運命の恋」を見つけるためには、まずいろいろな異性と接する必要があります。草食女子のみなさんも、今年こそは「肉食化」を目指してみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数244件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]