お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

若作りはイタ過ぎる……! 30歳を超えてやめたファッション5選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

女性が迎える“30歳の壁”。30歳を超えれば、もう立派な大人の女性と考える方も多いのではないでしょうか。30歳になったのをきっかけに20代のころにしていたファッションやメイク、ネイルなどを見直す方も多い様子。女性のみなさんに、30歳を超えてから意識して着なくなった服装について聞いてみました。

■レースやリボンなどのガーリー服

<>p・「リボンがついている服は着なくなりました。なんとなく、この年齢ではイタイ気がして……」(31歳/小売り)

・「20代のころはレースや花柄のガーリーな服装を好んで着ていたけど、さすがにもうできません(笑)。若作りと思われたくないので……」(33歳/IT)

・「リボンやレースがついているような淡い色の服。職場に30歳を超えてもそういう服装をしている人がいて、正直イタイなあと思ってしまうから」(32歳/飲食)

花柄やリボン、レースつきの洋服は、真っ先に手放したという意見が。「若作り」や「イタイ」と思われたくないなどの意見が目立ちました。

■プチプラファッション

・「お金がない20代のころによく買っていた安物の服屋で買い物をしなくなりました。購入するとき、30歳も過ぎてこんな安い値段でいいのか……という気持ちになります」(34歳/不動産)

・「安物の洋服。30歳を過ぎたら、いい服といい靴を身につけようと20代のころから決めていたから」(30歳/美容)

お金に余裕のない20代に重宝したプチプラファッション。「大人の女性」を意識して、いいものを身につけたいと考える女性が多いようです。

■過度な露出ファッション

・「20代のころは男受け目的で、胸元の開いた服や生足ファッションをよくしていたけれど、30歳を超えてからまったくしなくなりました。色気ってそういうものじゃないなあ、と気づいたので」(32歳/広告)

・「露出の高い服装はしなくなりました。30歳過ぎての過度な露出は、ちょっと下品な感じがするので……。今では“隠す色気”を身につけました(笑)」(33歳/IT)

色気=露出と思っていた20代に幕を引き、大人の色気を習得する30代。男受けを狙うなら、露出だけではないですからね。

■オシャレは足元から! 靴にも気を遣う

・「以前は安い靴を買って履きつぶして、また新しいものを買う……というのを繰り返していましたが、今はちょっと高い靴を定期的にメンテナンスして履くように心がけています」(34歳/不動産)

・「20代のときはピンヒールのかかとがダメになり、金属の芯がカツカツ鳴っていても気にならなかったけど、今ではいい靴をちゃんと履くようにしています。かかとがボロボロだと、みっともないですから」(32歳/出版)

オシャレは足元からと言いますが、30代になって靴に気を遣いはじめた女性も多いようです。どんなに素敵なお洋服を着ていても、靴がボロボロでは格好がつきませんからね。

■子どもっぽい? キャラクターもの

・「服装というより小物だけど、キャラクターものは徹底排除しました。ポーチや携帯ストラップなど、20代のころはキャラものでゴッテゴテだったけど、さすがに子どもっぽい気がして」(32歳/商社)

・「30歳になったときにふと自分の鞄の中を見たら、キャラもので溢れかえっていて、このままではいかん! と処分を決意。今もキャラものは好きですが、自宅にぬいぐるみをひとつ置く程度にしています」(30歳/アパレル)

かわいいの代名詞と言っても過言ではないキャラクターもの。かわいいと思う気持ちに年齢は関係ありませんが、身につけるとなると話がちがうようです。

■まとめ

30歳を超えてから、ファッションに関する考え方がガラッと変化する女性が多いよう。お気に入りと決別するのは悲しいですが、新しいファッションに挑戦できると考えると楽しくなるものです。あなたは30代ならどんな服がいいと思いますか?

※画像は本文と関係ありません。

(瀬戸口綾香+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]