お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

同僚を出し抜け! 女性がスキル・キャリアアップのためにひそかにがんばっていること4選

蒼井ニイナ

年次が上がると責任のある大きな仕事や後輩の指導を任されるようになって、やりがいを感じると同時に、もう少しスキルアップしたいなぁと思うことが増えるのではないでしょうか。では、働く女性は一体、どうやってスキルアップしているのか聞いてみました。

■ビジネス書を読む

・「人間関係改善、心理学系統。職場では仕事の出来よりも人間関係によって評価が左右することも多いため」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「好かれる技術を高める啓発本で、初めてお会いする方にもなるべく好印象を持ってもらおうと努力している」(33歳/秘書・アシスタント職)
・「資産運用をしたいと考えている。労働力で得られる収入は限界があると思うから」(25歳/情報・IT/技術職)
・「自己啓発書を読むこと。仕事へのモチベーションがアップするから」(30歳/団体・公益法人/官公庁/事務系専門職)

仕事のスキルアップの他に、人間関係の改善、資産運用、仕事への士気を高めるためといった様々な目的でビジネス書を読む人がいました。身につけたいスキルがある場合は、入門書としてまずはビジネス書を読んでみるのが経済的にも優しくてオススメです。先輩や本に詳しい友人に聞いて、ベストな1冊を探してみましょう。

■通信教育・スクール

・「FPの勉強」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「宅建の通信教育。資格を取得したいので」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「中小企業診断士の資格取得を目指して、スクールに通っている」(26歳/情報・IT/営業職)
・「いずれフリーランスで仕事をしたいので」(30歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

資格の取得や転職することが目的で、通信教育や学校で専門的な勉強をしているようです。決して安い授業料ではないので、その分ちゃんと勉強しようという気になるので、自分を追い込むためには一番効果的かもしれません。

■ビジネス雑誌・新聞を読む

・「日経WOMANを読んで、マナーや電話応対などを学んで仕事などで活かせるようにしたいから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「話題作りのために新聞を読む」(27歳/マスコミ・広告/営業職)
・「社会の流れを学ぶ」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「新聞のコラムを読んで、文章の書き方を知ること」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

ジビネス書と同様、仕事に活かせる知識や技術を取得する目的のほかに、社会人としての一般教養、営業先への話題作りのために新聞を読むとのこと。中には毎朝、スマホニュースを読むという人もいました。

■スキル・キャリアアップのセミナーに参加

・「休みの日に勉強会に出ている」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「管理職になりたい人のためのセミナーに参加して、マネジメントを学ぶ」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「他業種の人と関わりたいので、セミナーに参加している」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

通信教育やスクールでは、ひとりで黙々と課題をやったり講義を受けたりすることが多いのに比べて、セミナーではグループワークやプレゼンなどを通して、仲間と切磋琢磨しながら学ぶといった要素が強いため、ひとりでやると怠けてしまうタイプの人に向いているかもしれませんね。異業種に一緒にだがんばる仲間ができるというメリットも。

仕事のスキルは一長一短では身に付きません。スクールや通信教育で勉強に向き合うのも良し。セミナーなどで複数人でモチベーションを上げながら知識を深めていくのも良しです。今年は、自分に合った勉強法で、楽しくキャリアアップを始めてみませんか?

(蒼井ニイナ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数246件(22歳~34歳の女性)。

お役立ち情報[PR]