お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

降格決定! ちょっと気になる存在から男友だちに降格する男子の特徴3選「チャラい」「酒癖が悪い」

数いる男友だちの中で「ちょっといいなー」と思ってしまう男性っていますよね。だけど、あることをきっかけに「ちょっといいなー」が「絶対なし」になってしまうこともあります……。そこで働く女性たちに、ギャップのせいで恋愛対象外になってしまう男性の特徴を聞いてみました。

■彼女ができた・好きな人がいた

・「彼に彼女ができてしまった」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「自分の友だちが好きだと相談された」(28歳/電機/技術職)
・「私への恋愛感情が皆無だと気づいたとき」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

いくらこちらが「あの人いいな」と思っていても、相手に恋人や好きな人がいたらガッカリです。「ちょっといいな」くらいの好意なら、そんな事実に気づいても早めに手が打てるので、傷も浅いかも!?

■チャラかった

・「浮気ばかりしている人だということがわかったから。」(25歳/小売店/販売職・サービス系)
・「女の人と街を歩いているのを見て、しかも後輩もその男性を見ていてた。女性が毎回ちがうのでチャラいと確信した」(24歳/医療・福祉/専門職)

往々にして、女性から好意を持たれる男性は、やはりルックスやスタイルがいいものです。それに目がくらんで付いて行ってしまうと、同じような女性がほかにもいた! なんてことになりかねません。人は中身が大事だとひしひしと感じるエピソードですね。

■性格が合いそうになかった

・「私の好きなことを否定されたとき」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「男の人として見ていたけれど、コイバナをしたときに彼女へ求めることが多くて、なんでもいえる友だちとしてのほうが楽だったから。」(25歳/通信/営業職)
・「自分の友だちの悪口を何度も言われた時」(25歳/不動産/事務系専門職)

こちらは、中身を見てみたらダメだったというパターン。すぐに誰かを否定してしまう男性とは一緒にいても疲れるだけと思って、早々に次の男性を探したほうがよさそうです。

■意外な一面に幻滅

・「酒癖が悪く空気が読めなかった」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「貯金額を知ったとき」(28歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)
・「わがままや自分勝手な性格についていけなかったとき」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

悪いギャップを目にしてしまい、恋愛対象外になってしまう男性の典型ですね。お酒を飲んだときのギャップに幻滅したという意見が多く見られました。そんな人には、「酒は飲んでも飲まれるな!」です。

好感を持っていたのに、思わぬきっかけで恋愛対象外になってしまう残念男子。彼女ができたという理由意外は、努力で何とかカバーできそうです。恋の芽をつぶしてしまわないように、普段の行いに気を配っていたら、いつか花が咲く可能性は高いかもしれませんよ?

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数240件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]