お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やっぱりこいつしかいない! 男性が「自分のこと、よく分かってくれてるなぁ」と彼女に惚れ直した瞬間3つ

付き合っている彼女が自分のことを理解してくれていると実感できたときほどうれしいことはないでしょうが、どんな言動が男性に「自分のことをわかってくれてる!」と思わせるのでしょう。今回は、自分のことを理解してくれていると感じて彼女に惚れ直した瞬間について聞いてみました。

■好みに合ったプレゼントをくれたとき

・「プレゼントでもらった服が自分のセンスと一致していたとき」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自転車の修理部品を買ってくれた。理由はほしかったら」(27歳/機械・精密機器/営業職)

・「誕生日に好きなキャラクターのケーキを作ってくれた」(25歳/農林・水産/技術職)

自分がほしいと思っていたものをプレゼントしてくれたり、もらったもののセンスが自分とぴったり一致していたりすると「自分のことをよく分かってくれている」と感じるようです。彼の趣味をきちんと理解していないとそういうチョイスもできないですもんね。

■やろうと思っていたことを先まわりしてやってくれる

・「疲れているだろうと思って、いつも自分がやっていることをかわりにやってくれていたこと」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「次にこれしたいな~って思っていたらそれを提案してくれた。心を読まれているのかなと思った」(22歳/機械・精密機器/営業職)

・「飲み会で灰皿を交換してほしいなと思ったタイミングで交換を依頼してくれたこと」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

自分がやろうと思っていたことを同じタイミングでやってくれたり、提案してくれたりする彼女に「心を読まれているのでは?」とびっくりしつつ、自分のことをきちんと見てくれていると惚れ直す男性も。こういうことって、本当にタイミングが大事ですよね。

■疲れているときの気遣い

・「疲れているときに好物を作ってくれたこと」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「疲れているときには一人にしておいてくれる」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「へこんでいるときにそっとしておいてくれる」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

疲れているときに差し入れをしてくれたり、そっとしておいてくれたり、どちらのほうが自分が望んでいるかをわかって行動してくれる彼女に惚れ直してしまうという男性もいるようです。ひとそれぞれ、どうしてほしいかがちがうシチュエーションなので相手のことがわかっていないとできないことですよね。

自分のことをわかってくれていると実感する瞬間というのは、本当にふとした瞬間。「あれ? 今やろうと思ってたのに」ということをさり気なくやってくれる彼女に感謝すると同時に、「離したくない!」と思うほど惚れ直してしまうのかも。彼のことをそっと見守っているという証拠でもありますもんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年11月にWebアンケート。有効回答数110件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]