お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

年賀状を送っている人の平均年収は535万円、送っていない人は395万円

トレンド総研は、年賀状に関する調査の第2弾として、ビジネスシーンでの年賀状にみる年収・出世の実態について、20代から50代までの会社員・男女500名を対象に、アンケート調査を行った。

【もらって嬉しくない年賀状第1位は「手書きメッセージが全くない年賀状」】

■ビジネスシーンでの年賀状にみる年収・出世の実態について

同調査によると、社内の人に年賀状を「送っている人」と「送っていない人」に分け、「年収」について比較したところ、年賀状を送っている人の平均年収は535万円なのに対して、送っていない人では395万円と140万円もの差があった。年代別にみると、20代が33万、30代が137万、40代が108万、特に50代では215万の差となった。20代のうちから差が出始め、ベテランになるとその差は200万以上も開きがあることが判明し、年賀状を送っている人の平均年収は、送っていない人のそれと比べて3.5割増だった。

年賀状の送付と役職の有無を見ると、年賀状を送っている人のうち、役職に就いている人は40%なのに対し、年賀状を送っていない人のうち、役職に就いている人は13%とその差は3倍以上もあった。年代別にみると、20代から50代まで、各年代で同様の傾向であり、若手の20代でも、ベテランの50代でも、年賀状を出す人は年代や社会人歴にかかわらず出世していることがわかった。

「出世スピード」と年賀状の関係について調べると、「自分は昇進・昇格のスピードが早いと思う」と答えた割合は、年賀状を送っている人では65%と半数以上なのに対し、送っていない人では35%と、年賀状を送っている人の方が出世が早い傾向であることがわかった。

年賀状を送っている人のプライベートについて聞くと、「恋人、または配偶者がいる」という人の割合は76%である一方、送っていない人は56%だった。20代では、年賀状を送っている人で、恋人・配偶者がいる人は78%、送っていない人は49%と、各年代で最も差が大きかった。

[調査概要]

・ 調査対象:20代~50代 会社員500名 (各年代125名ずつ均等割付・男女均等割付)
※社員50名以上の会社に所属している方(経営者は除く)
・ 調査期間:2014年11月10日~2014年11月11日
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査実施機関:楽天リサーチ

(エボル)

お役立ち情報[PR]