お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

レディーファーストとは? 具体例12選&男性心理を解説

織田隼人(心理コーディネーター)

レディーファーストとは、男性が女性に対して優しく振る舞う紳士のマナー。この記事では、レディーファーストの意味を解説します。併せて、女性からのアンケートで集まったレディーファーストの具体例を見ていきましょう。

自然に重たいものを持ってくれたり、道を譲ってくれたり……。あなたのまわりにも、こんな男性はいませんか? レディーファーストができる男性って、とても素敵ですよね。

女性にとってうれしいレディーファーストとはどんなものなのか、実体験をアンケート調査しました。また、レディーファーストができる男性の特徴やそんな男性心理について、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞きました。

レディーファーストとは?

そもそもレディーファーストとは何でしょうか? 言葉の意味や由来をおさらいしておきましょう。

言葉の意味

レディーファーストの意味を辞書で引いてみると、以下のように記載されています。

レディー‐ファースト【ladies first】 の解説
女性を優先させる欧米の習慣・礼儀。

出典:『デジタル大辞泉』(小学館)

レディーファーストの意味は、言葉の通り女性を優先させる文化のこと。欧米では、マナーとしてレディーファーストが行われています。

文化の由来

辞書にもあるとおり、レディーファーストは欧米の習慣や礼儀が由来です。

この言葉の起源は中世ヨーロッパで、一説にはその頃の女性は地位が低く、男性の命を優先するために先に車に乗せたり、食べ物を先に食べさせたりして安全を確認させたのが由来という説もあります。

何とも恐ろしい説ですが、現代では男性が女性に対して優しく振る舞う紳士のマナーと捉えられています。

女性がスマートだと思ったレディーファースト12選

女性はどのような男性の振る舞いに、レディーファーストだと感じるのでしょうか。女性へのアンケート結果を紹介します。

(1)さり気なく車道側を歩いてくれた

・「道を歩いていて、さり気なく車道側と入れ替わってくれた」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「さりげなく車道側を歩いてくれる男友達がいて、かっこいいと思った」(31歳/その他/事務系専門職)

(2)エレベーターのドアを押さえてくれた

・「職場が入っているビルで、私が降りるときにエレベーターのドアを押さえてくれていた男性がいて、すごくいいなと思った」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

(3)重い荷物を運んでくれた

・「駅の階段でスーツケースを運んでいたら、手伝いますと言って運んでくれた。知らない男の子だけど、王子さまに見えた」(30歳/学校・教育関連/専門職)

(4)先に車から降ろしてくれる

・「彼のマンションから駐車場までは歩いて5分くらいなのですが、デートの帰りなどにマンションの前に車を止めて、『車置いてくるから先に入ってて』と言って鍵を渡してくれる。慣れましたが、今でもうれしいです」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

(5)エスカレーターで下側に立ってくれる

・「階段やエスカレーターで下に立ってくれる」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

(6)車のドアを開けてくれる

・「飲み会で車を乗り合わせて行くことになって、隣の車から降りてきた友人が車のドアを開けてくれたとき。ドアが急に開いたのでドキッとしたのと、笑顔に惚れそうでした」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

(7)椅子を引いてくれる

・「ドアを開けて、なおかつ椅子まで引いてくれる」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

(8)ソファー席に座らせてくれる

・「必ずソファー側に座らせてくれる」(26歳/学校・教育関連/技術職)

(9)ドアを開けて先に通らせてくれた

・「コンビニの入り口で、お見合いになったときに、先に出るのかと思った高校生男子がドアをあけて、先に通らせてくれた!」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

(10)上着を肩にかけてくれる

・「雨が降ってきたときに、着ていたスーツを脱いで、肩にかけてくれた」(28歳/学校・教育関連/専門職)

(11)知らない間にお会計を済ませてくれた

・「ご飯後、お会計に行ったら知らない間に支払いが済まされていて、さりげない気づかいいがかっこよかったです」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「定番だけど、私がトイレに行っている間にお会計が済まされていた」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

(12)やっぱり本場はちがう!

・「オーストラリアに旅行をした際、デパートに入るとき、私の前を歩いていた現地の小学生くらいの男の子がお店のドアを開けて、私が入るのを待っていてくれた。私は大学生だったけど、恋に落ちちゃいそうになりました」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「イギリスに旅行したときに、飛行機で隣の席のイギリス人男性が荷物の上げ下げをあたりまえのようにしてくれた。さすがだと思った」(32歳/医薬品・化粧品/専門職)

▶次のページでは、女性が「レディーファースト」に喜ぶ理由を解説します。

次のページを読む

SHARE