お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男が本気で愛している女性にだけ見せる素顔「本気で怒って、ケンカもする」「泣いている姿を見せる」

女性は彼ができると、ほかの人には言えない愚痴や悩みを打ち明けることが多くなります。それだけ彼に心を開いている証拠。また、普段サバサバしている女性が、彼の前限定で女っぽくなることも。

同じように、男性が本気で大事にしている女性にだけ見せる素顔が気になりませんか? 男性たちの本音を探ります。

■弱い面をさらけ出して甘える

・「泣いている姿を見せること。そもそもめったに泣かないが、それだからこそ」(33歳/情報・IT/技術職)
・「あまり人に悩み事を言うことはありませんが、本気で愛している人には打ち明けちゃいます」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「二人きりのときに甘える」(28歳/医療・福祉/専門職)

普段は強がっていても、彼女の前では力を抜いてリラックスしたい。時には涙だって見せます。

■本気の相手だからこそ熱くなる

・「大事にしますので、嫌なことがあったり、彼女にとって不利益なことが起こったら、激怒してその相手をたたきつぶしに参ります」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「その人に対して、本気で怒ったり、喧嘩したりする」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「捨て身の行動」(30歳/金融・証券/専門職)
・「わがままになれる」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

どうでもいい相手なら、いちいち感情的になりません。けれど、愛する彼女に関することなら怒りもするし、戦いも辞さない。そんな男性たちの一面が垣間見られました。

■さまざまな形で愛情表現

・「料理を振る舞います」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「たとえ冠婚葬祭であってもそっちを優先する」(28歳/自動車関連/事務系専門職)
・「いとおしくなって顔を触る」(30歳/情報・IT/技術職)

表現方法にちがいはあれど、彼の気持ちが伝わってきます。こちらも愛情を返したくなりますね。

■彼女の前でも別に変わらない

・「通常の顔です。どんなときも平常心、たとえ本気で愛する女性がいたとしても、これは曲げません」(27歳/情報・IT/技術職)
・「常に素顔、自然体なので誰と接しても変わらない」(38歳/運輸・倉庫/ドライバー)

精神安定度が高いのでしょうか。自分の気持ちをコントロールできて、特別の姿を見せることがない男性も。たまに寂しさを感じることはあっても、長い目で見ると安心できるタイプかもしれません。

■まとめ

全体を通して見てみると、「女性にも当てはまる内容が多い」と思ったのではないでしょうか。男性と女性、表面上はちがっていても、似た部分が多いのかもしれません。多少負担になることだとしても、彼がほかの人たちに見せない素顔を見せてきてくれたら、笑顔で受け入れたいですね。

(OFFICE-SANGA 中澤美紀子)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数104件(22~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]