お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

上手にかわす方法はコレだ! 好みじゃない男性からのアプローチ撃退法5選

男性世の中には「好みの男性」がいれば「好みじゃない男性」もいるものです。女性としては正直、「好みの男性」からのみアプローチされたいのですが……残念ながら「好みじゃない男性」からのアプローチに困ることも。こんなときに上手にかわすコツを、女性たちに教えていただきました。

【男子は「セクシー女子」の服装より「清楚女子」の服装を14%の差で好む 英調査】

不自然なメール術

・「複数人で遊ぶことを促したり、メールを適当なところで終わりにさせたり」(26歳/学校・教育関連/技術職)
・「とりあえず、メールはそっけなく返す」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

好きな人には絶対にできない!? こんな不自然なメールテクをオススメする意見が目立ちました。「モテメール」のコツとともに、こんな「相手のテンション下げメール」のコツも、会得しておきましょう!

あっはっは!

・「笑ってスルーする」(22歳/その他/その他)
・「とりあえず笑っておく」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

シンプルですが、実は有効な方法です。どんな誘いも、とりあえず「またまた~」と笑い飛ばしてしまいましょう! もちろん相手の男性は「本気」をアピールしてくるでしょうが、それすらも笑いで撃退です。「そういえばこの前……」なんて話のすり替えも、きっとナチュラルにできますよ。

強者です

・「何かをおごってもらおうとする」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

「おごらせる女性」として嫌われてもOK! そして実際に、何かをおごってもらえてもラッキー! どちらに転んでもオイシイ(!?)意見もありました。こんな方法を実践できる女性は、かなりの強者。泥沼にハマる前に、見切りを付けてくださいね。

最後の手段

・「タイプじゃないと正直に言う」(22歳/通信/秘書・アシスタント職)
・「無理なものは無理と言う」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

余計なトラブルを回避するためにも、なるべく相手のプライドは傷つけたくないものですが……察してもらえないのなら仕方がありません! ズバッと「真実」を伝えてしまいましょう。

あなたなら、どんな方法で対応したいですか? 女性たちのアドバイスを参考にして、自分なりの対策を見つけてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数128件(21歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]