お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

足を運んでこそわかる!日本酒の、本当の味を巡る旅(秋田県湯沢市)

秋田県湯沢市は、かの平安美人「小野小町」の生まれた土地と言われています。西栗駒山系の自然を有しかつ歴史的な街並もあり、数多くの見所があります。お酒と共にその土地の魅力を味わう旅はいかがでしょうか。今回は、秋田県湯沢市の酒蔵を3つ紹介いたします。

【想定外のトラブルは旅行につきもの!? 勘弁して欲しい海外旅行のトラブル体験談・4選】

・両関酒造株式会社
両関酒造は、米・水・造りにこだわっています。湯沢市は酒米の生産地として有名です。また冬は2m以上の雪が積もるため、お酒をじっくりと発酵させる低温長期熟成を可能にします。こういった厳しい自然環境が美味しい水・お米を育み、やがておいしいお酒が出来上がります。

両関酒造の酒蔵は登録有形文化財に指定されており、蔵自体が見所のひとつとなっています。蔵見学では、試飲をしたり、蔵でしか買えないお酒を購入することもできます。ブログでは新商品の案内等をしていますので、できたてのお酒を手に入れやすくなっています。

所在地:秋田県湯沢市前森4-3-18

・秋田銘醸株式会社
代表銘柄「美酒爛漫」は美女との関係が深いお酒です。宣伝用のポスターは「美女シリーズ」を展開しており、美女と共にお酒が紹介されています。ホームページではポスターや雑誌広告に掲載されたものの一覧を見ることができます。

近年では日本美人だけでなく外国美人の起用もしており、時代と共に変化をつづける酒蔵といってもいいでしょう。ちなみに秋田銘醸は現在2つの酒蔵を抱えています。ひとつは完全コンピュータ制御の蔵で、もうひとつは手づくり中心の蔵。

まさにハイブリッドですね。

お酒と美女を絡めたり、蔵をハイブリッドにしたりと、他に類を見ない酒蔵です。

所在地:秋田県湯沢市大工町4-23

・株式会社木村酒造
「大吟醸 福小町」は2012年のIWC日本酒部門で最優秀賞を受賞しました。IWCは世界規模のコンペティションですから、福小町は世界が認めた日本酒です。木村酒造は、「本物の蔵を感じてこそお酒の本質がわかる」といった信念のもと、蔵元を開放しています。

蔵元に足を運び、蔵の建物やそれを囲む街並、お酒が語りかけてくる声に耳を傾けてはいかがでしょうか。世界が認めた酒造り、見逃すわけにはいきませんね。

所在地:秋田県湯沢市田町2-1-11

秋田県湯沢市の酒蔵は、どれも個性的ですね。いったいどのような経緯でこれだけの個性が育まれたのでしょうか。現地に足を運んで確かめるしかないですね。

お役立ち情報[PR]